やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

実車のエンジン音と振動を体感!! 「トミカ4D」は大人も楽しめるミニカーだ

投稿日:

観賞する、走らせるだけでなく
振動とサウンドも与えられた実力派

 手のひらサイズのミニカーとして48年の長い歴史を持つ「トミカ」。そんなミニカー業界の巨人『TAKARATOMY』が昨年末に「TOMICA 4D」を投入した。最たる特徴は、小さなボディに実車の音や振動を盛り込んだ革新の設計。その中身に迫る。

 多くのクルマ好きは、幼少期に小さなダイキャストカーを手に取り、遊んだのではないだろうか? その原点であり、頂点でもある「トミカ」が、自身を超える進化版として「トミカ4D(フォーディー)」をリリースした。
「トミカの本来の魅力を変えず、子供に驚きを与えたい」という想いのもと、小さなボディに盛り込まれたのは実車の”音と振動”。エンジン音やアイドリング時の振動など、リアルなクルマの雰囲気を体感できる能を加えたのである。
 さらに転がしてみると走行時の音や振動へ切り替わるなど、限りなく本物を追求。ボディ内部にスピーカー/振動モーター/電池が組み込まれ、操作も子供が直感的に遊べるように電源スイッチは設けず、車体を上から押し込むだけでエンジンが始動、長押しで切れように設計されている。

タカラトミー、トミカ4D、ミニカー、GT-R、R35 今回のサンプルは日産GT-R。通常のトミカとの違いは左右ドアが開閉しないこと、ウインドウが黒くなっていることだ。トヨタ クラウン・パトロールカーやトヨタ・ハイメディック救急車といった働くクルマ、HONDA NSXをラインアップする。

タカラトミー、トミカ4D、ミニカー、GT-R、R35 エンジンサウンドや振動は自動車メーカーの全面協力により収録。R35GT-Rの場合は実車をテストコースに持ち込み、エンジンのアイドリング音、室内外の走行音を録音。実際にミニカーからVR38DETT型エンジンのサウンドが響き、ブルブルと車体から振動が伝わるのは驚きと感動がある。

タカラトミー、トミカ4D、ミニカー、GT-R、R35
タカラトミー、トミカ4D、ミニカー、GT-R、R35
 内蔵スピーカーから音を効率よく外に出すために左右のウインドウ上には小さな隙間が設けられている。LR44型のボタン電池2個で駆動し、寿命は連続使用で約45分程度。車体スケールは1/62サイズとなる。

 

実車の臨場感!! サウンドと振動は全4パターン

【エンジン始動】
タカラトミー、トミカ4D、ミニカー、GT-R、R35電源スイッチはなく、トミカの特徴であるサスペンション機構を生かし、車体を上から押すとエンジンが始動、長押しすると止まる。

【アイドリング】
タカラトミー、トミカ4D、ミニカー、GT-R、R35エンジンサウンドとともに車体がブルブルと振動。まるで、今にも走り出しそうな雰囲気。大人でもうれしくなるはず。

【走行】
タカラトミー、トミカ4D、ミニカー、GT-R、R35手転がしで走行させるとアイドリング音が走行音に切り替わり、 指先や手のひらで感じる振動も変化。思わずニンマリしてしまう。

【アクセルON】
タカラトミー、トミカ4D、ミニカー、GT-R、R35始動後にさらに車体を押し込むとエンジンがブリッピング。音と振動が耳と手で感じられる。

 

タカラトミー、トミカ4D、ミニカー、GT-R、R35 子供だけでなく、大人までファンを拡大してきたTOMICA。TOMICA 4Dの外パッケージは遊び方の説明まで盛り込んだため豪華だが、中は従来と同じケースであることにも拘りを感じた。

元の投稿: Auto Messe Web
実車のエンジン音と振動を体感!! 「トミカ4D」は大人も楽しめるミニカーだ

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.