やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ペット

猫との日常に退屈なし!我が家の幸福な1日

投稿日:

猫との日常に退屈なし!我が家の幸福な1日

猫との日常は素晴らしいものです。

言葉は通じなくても、長く一緒に暮らしていると、不思議とお互いに意思疎通が簡単になりますし、何より家族が増えるということは嬉しいものです。

それだけにしっかりと、最後までお世話をする覚悟は必要になるわけですが、ともあれ猫と暮らすことで、明るく、楽しく、そして癒される毎日を歩めるようになります。

筆者は現在、3頭の猫と暮らしていますが、やっぱり日常が楽しくて仕方ありません。

特に自宅で仕事をしている身なので、24時間いつでも猫たちと同じ屋根の下にいる手前、その魅力を実にたくさん目の当たりにしています。

そこで今回は、完全に我が家の猫自慢になってしまうのですが、猫と暮らす日々とはどういったものなのか。

これから猫と暮らしたいと考える方に向けて、その素晴らしい毎日を、起床から就寝まで、必要な猫のお世話の描写も含めて紹介していきたいと思います!

起床から満喫できる猫との幸せな生活

人間は夜に寝て、朝起きるというサイクルで生活しています。

一方で猫は夜にも活発に活動しますので、猫と暮らしたことがない方の中には、「寝てるときに暴れる猫との生活は寝不足になりそう」と考えているケースもあるかもしれません。

最初に書いておきますが、やっぱりそういうことは実際にあります。

寝ている自分の上を、猫がものすごい勢いで駆け上ってくることもあります。

ただ、これはそのうち慣れますし、なんだかんだ言っても猫たちも夜中には、しれっと人間と一緒に寝てることも多いものですので、あまり神経質になる必要もないでしょう。

我が家の場合ですが、筆者が朝早くに起きると、大抵3頭のうち1頭は、同じ布団の中でのんびり熟睡しています。

つまり、一緒に寝てくれるわけですね。

また、布団には入ってくれなくても、掛け布団の上から飼い主の足の間に挟まるようにして寝る猫もいますし、枕元で寝てくれる猫もいます。

睡眠中も猫が密着するような生活は、やっぱり嬉しいものです。さらに冬場には、なんとも暖かく気持ちがいい添い寝相手になってくれます。

筆者は毎朝同じ布団で寝ている猫をなでつつ起きるのですが、そうすると3頭とも飼い主が起きたことを察知し、ほどなく「朝ごはんくれ」コールの大合唱が始まるのです。

腹が減っては生き物は活力を得ることができません!

しっかりと用意したご飯を食べてもらって、猫たちに体力をつけさせるのも飼い主の役目となりますね。

ちなみに、あまりに長く布団に入っていると、筆者と一番付き合いの長い白猫の八太郎が耳元で「ぷっけっけ!」と鳴いて起こしてくれます。

元の投稿: PETomorrow(ペットゥモロー) ~明日も うちの子、元気~
猫との日常に退屈なし!我が家の幸福な1日

AD336

AD336

-ペット
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.