やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

[ワンピース 感想] novel LAW 第2話 ローの「DEATH」と刻まれたタトゥーの理由

投稿日:

季刊誌ONE PIECE magazinevol.5発売!

ローの小説「novel LAW」の第2話の感想を。

6177.jpg

novel LAW 第2話あらすじ

ロー、ベポ、シャチ、ペンギンが、ヴォルフの家で5人での共同生活を始めて2か月が経った。

ローにとってこれまでにはない温かい生活だ。

そんなある日、ヴォルフが「明日全員で町に行く」と言い出した。

町は、ロー達にとっていい思い出のある場所ではない。

ローは珀鉛病の件で迫害された過去があり、ベポは喋るクマという事で好奇の目に晒される恐れがあり、シャチとペンギンはその町で叔父によって奴隷のような扱いを受け悪事を働かされてきた。

しかし、恐れつつ向かった町では皆が温かく迎えてくれた。

ヴォルフの人徳と、町の皆の好意もあり4人は新しい仕事に就くことができた。

ローは町の診療所の手伝い

ベポは力を生かせる工事現場

ペンギンはレストランのウェイター

シャチは美容院の雑用

シャチとペンギンの叔父もヴォルフの働きで犯罪の証拠が見つかり逮捕された。

これでもう何も怖がる事も心配する事もない…

これまで以上に平穏で忙しい日々がやって来た。

そんなある日、ヴォルフが自身の発明した飛行機の落下事故により全身血まみれの姿で発見された。

町に行く時間はない、ローが助ける以外の選択肢は残されていなかった。

ローはオペオペの能力を最大限に発揮し、困難な手術を終え、ヴォルフは一命をとりとめた。

そして手術から一か月が経過した。

ギブ&テイクが信条のヴォルフは、ローに何かそれに見合う物を返したいと言う。

しかし、ローはそれに対して「見返りが欲しくて助けたわけじゃねェ!!」怒る。

それでも何か礼をしなければならないというヴォルフは、顔を真っ赤にしてこう言った。

「友達になってやるわいっ!!」

友達というのは「ギブ&テイク」の外側にある関係だ。

だからこそそれを信条にここまで生きてきたヴォルフがそれを口にする事は、ものすごい覚悟と勇気がいったんだと分かる。

他人でも家族でもない「友達」という関係が、いまのローにとって居心地のいいものだった。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
[ワンピース 感想] novel LAW 第2話 ローの「DEATH」と刻まれたタトゥーの理由

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.