やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ペット

ペットの病気やケガの診療費は、想定していたよりも高額

投稿日:

アイペット損害保険は、ペット(犬・猫)の飼育者1085名を対象に、2018年の「ペットに関する支出調査」を発表しました。

ペット関連の合計支出(年間)は、犬飼育者では「10万円以上~20万円未満」、猫飼育者では「5万円未満」が最多で猫飼育者よりも犬飼育者のほうがペット関連支出が多い傾向にあることがわかりました。

ペット関連の年間支出

また、ペットを飼育し始めてから、もっとも当初の想定以上にお金がかかったものは、「病気やケガの診療費」でほかの項目を大幅に上回る結果となりました。

ペット関連支出で想定以上だったもの

この2項目に関しては、2019年も変わらず支出があり、「病気やケガの診療費」については、増えそうだと予測しているとのこと。

そして、その支出を賄うために、自分の支出の何を削るかのとの質問には、「食費」がトップで、次いで「趣味・娯楽費」、「被服費」と続き、「ペット関連費」から削ると回答した人は、1%以下で全体的に低い割合となりました。

ペットのために、自分の支出の何を削るか

ペット飼い始める際に、病気にかかったりケガをすることをあまりイメージできない飼い主が多いということもあるかもしれませんが、販売する側がそういった情報を伝えていないということも大きいのではないでしょうか。ペットも家族として健康で長生きしてもらうためには、日ごろから生活環境やフードにも配慮しつつ、定期的な検診やワクチン接種なども忘れないようにしたいものです。

元の投稿: 犬や猫とハッピーに暮らすための情報と最新ペットニュース - ペトハピ [Pet×Happy]
ペットの病気やケガの診療費は、想定していたよりも高額

AD336

AD336

-ペット
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.