やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

[ワンピース 考察] オロチ城の地下にポーネグリフと共に並ぶこけしと天狗山飛徹の関係性

投稿日:

第934話“花のヒョウ五郎”にて、オロチ城から無事「鈴後」の“北の墓場”まで逃げてきたナミ達。

北の墓場と言えば、号外で「オバケ騒動」が報じられていた場所で、おそらくブルックが拠点にしていた場所だろう。

6281.jpg

そんなブルックがこんな報告をしていた。

あ!おロビさん

そういえばありましたよ“歴史の本文(ポーネグリフ)”

赤い石ではありませんでしたが

今回のオロチの宴に参加するロビンをサポートする役割で潜入したオロチ城で発見したのだろう。

WCIに続き「石運」があるとナミに褒められるブルックだが、その成果に納得してはいない。

何故なら、今回はポーネグリフの“写し”を持ち帰れたわけではないから。

テャマスィーの状態で覗いた

強固な扉の地下室にありまして

木彫りの人形が並ぶ変な部屋でした。

ヨミヨミの能力「幽体離脱」で、その強固な扉をすり抜け、中の様子を覗いただけに過ぎない、と。

それだけでも大した成果だけど、それ以上に気になるのはその部屋の奇妙さ。

ポーネグリフと共に、木彫りの人形(こけし)が並んでいる?

こけしと言えば、お玉と共に編笠村に住む刀鍛冶「天狗山飛徹」は、「美少女こけしコレクター」という肩書きを持っている。

6273.jpg

ポーネグリフと共に強固な扉の地下室に保管されているこけしと、コレクターの天狗山飛徹にはどんな関係があるんだろうか。

前置きが長くなったけど、今回はこの件について考えてみたい。

① 何故ポーネグリフと共にこけしを保管?

ポーネグリフと共に強固な扉の地下室に保管されているという事は、この「こけし」は価値のある貴重な物なんだろう。

でも、それを高価な物として飾るわけではない。

つまり、己の財力を示す物ではない。

誰にも見つからない様に地下の部屋に「隠している」のには何か理由があるんだろうか。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
[ワンピース 考察] オロチ城の地下にポーネグリフと共に並ぶこけしと天狗山飛徹の関係性

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.