やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

クルマ好きなら誰もが変えた! ステアリング交換の今と昔の違い

投稿日:

名だたる欧州ブランドの存在

 1990年代までの自動車カスタムで、初めの一歩といえるのがステアリング交換。スポーツカーもセダンもRVも軽自動車も、こぞって社外品を愛用する時代だった。そこで、一斉を風靡した人気メーカーやモデルを振り返りつつ、最近のステアリング事情も考察してみたい。ナルディやモモに変更したステアリング交換

 現在でも社外ステアリングのツートップと聞けば、多くの人が「MOMO(モモ)」と「NARDI(ナルディ)」の名を挙げるだろう。なかでもモモの『ベローチェ』とナルディの『クラシック』や『パーソナル』は人気が高く、クルマが変わっても同じステアリングを使い続けるフリークも多かった。ナルディやモモに変更したステアリング交換

 さらに同じ名前を冠したモデルでもグリップの素材や外径を使い分けることで、様々な用途やユーザーの趣味嗜好に対応させた。例えば素材がウッドならばセダンやハイソカーと呼ばれたスペシャリティクーペ、レザーならスポーツカー全般でより走り重視の人は滑りにくいバックスキン、もしくは穴開け加工を施したパンチングレザーなどなど、バリエーションもさまざま。ナルディやモモに変更したステアリング交換

 また、ドライバーとステアリングとの距離を近くしたり、回転させたときウインカーのレバーなどと接触しにくいディープコーンという形状もあり、体格や操作のクセに合わせての選択肢は非常に豊富だったといえる。

 他にもラリーやダートトライアルといった競技車両で高い人気を誇った「スパルコ」や「OMP」、残念ながら今は絶版になったと思われる「イタルボランテ」、Dシェイプと名付けた独特のフォルムで知られる「atc」などなど、まさに百花繚乱という言葉が相応しい時代だった。ナルディやモモに変更したステアリング交換

 しかし、近年はステアリングを社外品に交換したクルマを目にしない。その理由は誰もが想像するとおり、エアバッグの存在だ。もちろんエアバッグ付きのクルマでも、ステアリング交換をすることに何ら違法性はなく、ホーンのマークやエアバッグの警告灯が点いていなければ車検でも問題なし。とはいえ、わざわざ安全装備を外してまで交換する必要性がないと考えるのは一般的だろう。ナルディやモモに変更したステアリング交換

 とはいえ素人がエアバッグのコネクターを抜くのは心理的なハードルが高いし、最近の内装はデザイン性が高くバラし方が分かりにくい場合もある。もうひとつの理由はオーディオやハンズフリーの操作スイッチが、純正ステアリング組み込まれる車両が増えたため。サーキット専用ならともかく街乗りで便利なことは間違いないし、その手の純正ステアリングはデザインも総じてスポーティなことが多い。ナルディやモモに変更したステアリング交換

 あえて社外品に交換する必要性を感じない、というユーザーも決して少なくない気がする。だがステアリングは操作系のメインといえるパーツで、使いやすさを最優先させたい人もいるだろう。その証拠に社外ステアリングは数え切れないほどあり、機能やデザインだって常に進化し続けている。また、現在ではエアバッグを残したまま交換できる車種別ステアリングも増加。コクピットの雰囲気も一新できるし、お気に入りのアイテムを探してみるのも面白いはずだ。

元の投稿: Auto Messe Web
クルマ好きなら誰もが変えた! ステアリング交換の今と昔の違い

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.