やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

【2020年 新型プリウスα フルモデルチェンジ最新情報】搭載エンジン・安全装備・価格は?エスティマと統合!?

投稿日:

新型プリウスαフルモデルチェンジ

 

トヨタが販売するステーションワゴ「プリウスα」がフルモデルチェンジされるとの情報が入ってきています。

プリウスの派生モデルでエンジンやプラットフォームを共通しています。

 

しかし元となるプリウスは2015年にフルモデルチェンジされましたが、プリウスαは2019年現在フルモデルチェンジされていません・・・

2011年に販売されて今年で8年目を迎えるプリウスαの最新情報まとめてみました。

 

2020年 新型プリウスα フルモデルチェンジ最新情報(搭載エンジン)

プリウスα搭載エンジン

 

搭載されるエンジンは「1.8L 2ZR-FXE エンジン+モーター」となります。

現行モデルより改良され燃費や動力性能が向上

  • 直4 DOHC 1.8L+モーター
  • 最高出力 98ps
  • 最大トルク 14.5kgm
  • モーター出力
  • 最高出力 72ps
  • 最大トルク 14.5kgm

 

また今回も5人乗り・7人乗りが用意される予定となっておりユーザーの使用状況に合わせて選択が可能!

  • 5人乗り:ニッケル水素バッテリー
  • 7人乗り:リチウムイオンバッテリー

現行同様にバッテリーの種類が分けられます。

 

5人乗りには安価なニッケルバッテリーを使用して価格上昇を抑えます。

7人乗りはコンパクトで場所を取らないリチウムイオンを使用

 

新型プリウスαの燃費はどうなる?

現行型ははJC08燃費26.2km/lとなっていて燃費は良いのですが、プリウスの40km/lと比べると少し物足りないですね。

そのためフルモデルチェンジでは燃費性能が向上されます。

 

  • 新型プリウスα燃費:33.0km/以上

この燃費を目標に開発がすすめられており様々な燃費向上技術が投入されます。

 

空力性能の追求

フロント・リアバンパーやAピラー・ドアミラーまでも空力性能を考えられてデザイン

またフロアアンダーパネルを装着することで風の流れをスムーズにして床下整流

グリルシャッター

走行状況を判断して自動開閉するグリルシャッターを装備

暖機が必要なシーンなどでは暖機優先にして、必要ないシーンでは空気の流れよくして燃費向上効果があります。

 

2020年 新型プリウスα フルモデルチェンジ最新情報(エクステリア)

新型プリウスαエクステリア1 新型プリウスαえくすてりあ3 新型プリウスαエクステリア2

 

海外で新型プリウスαと思われる車両がスクープされています。

この画像を見る限りヘッドライトはプリウスの物が使用されていますね。

 

また若干車高が高くクロスオーバーステーションワゴンといったエクステリアですね。

スバルのエクシーガクロスオーバーのような車になると思われます。

 

現行プリウスは二列目が屋根の傾斜で頭上空間狭いのですが、このテストカー見る限りその心配はなさそうです。

あとは3列目の空間が気になる所です。

新型プリウスαフルモデルチェンジではTNGA採用

新型プリウスα TNGA

 

車体の基本プラットフォームも最新TNGAを採用してきます。

重心を低くした新プラットフォームは軽量化・剛性に優れているのが特徴です。

 

溶接もスクリュー式が採用され従来のスポット式よりも剛性に効いてきます。

そのためふらつきの少ない走行のため車酔い軽減や楽しい走りを実現

 

ばね上制振制御

この新プラットフォームを採用する新型プリウスαには乗り心地をよくするため車体の揺れを抑制。

これは路面のデコボコを感知して、モータートルクをリアルタイム制御して振動を軽減

 

E-Four(電気式4WDシステム)搭載

新型プリウスα 4WD

 

新型プリウスαでは待望の4WDが採用される見込みです。

機械式4WDと比較すると確かに能力は劣りますが、雪国に住んでる方には必須ともいえる装備です。

 

クロスオーバー風になるのならばこの4WD無くては話になりませんね。

マルチインフォメーションディスプレイには前後輪トルク配分量表示してくれます。

 

4WD搭載による燃費低下は極力抑えられ、最低でも現行モデルの26.2km/lより下になることはないと思われます。

 

2020年 新型プリウスα フルモデルチェンジ最新情報(安全装備)

新型エスティマ 安全性能

 

現行モデルでも「トヨタセーフティセンスP」が採用されているので必要十分な性能はありますが、新型プリウスαではもう一歩進化させた「第二世代セーフティセンス」が採用されます。

 

  • プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • オートマチックハイビーム
  • ロードサインアシスト

夜間歩行者検知が一番のポイントですね。

これで夜間でも万が一の事故を防いだり軽減したりします。

 

他にもこのような安全装備が搭載

  • リヤクロストラフィックアラート〈RCTA〉
  • ドライブスタートコントロール
  • ブラインドスポットモニター〈BSM〉
  • インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)
  • シンプルインテリジェントパーキングアシスト(巻き込み警報機能付)

 

現行モデルと比較すると安全装備面は進化して安心できる車にパワーアップ

新しいプラットフォームは衝突安全性能も向上されています♪

販売価格や発売日は?

まず価格は新しい物が採用されていますので、概ね20万前後の価格上昇となります。

  • 5人乗り:260万~270万スタート
  • 7人乗り:300万~310万スタート
  • 4WDモデル:20万ほどプラス

 

発売日に関しては2018年に登場と以前まで情報がありましたが、GR設定などで延期されて現在では2020年が最有力となっています。

 

新型プリウスαはエスティマと統合!?

当サイトでもお伝えしているようにエスティマもフルモデルチェンジを予定しております。

そのエスティマと統合される可能性の情報も入ってきています!

 

トヨタは2025年までに車種を半分に減らすと発表があり

  • アルファード・ヴェルファイア
  • ノア・ヴォクシー・エスクァイア

などの兄弟車を一本にして全チャンネルで販売する計画のようです。

 

そのため売れ行きがよくないモデルを他の車種と統合させる予定のようで、エスティマとプリウスαを統合させて販売との噂です。

 

「【2021年 新型エスティマ フルモデルチェンジ最新情報】搭載エンジンや安全性能・EVモデル設定あり?」

 

まとめ

「【2020年 新型プリウスα フルモデルチェンジ最新情報】搭載エンジン・安全装備・価格は?エスティマと統合!?」は参考になりましたか?

次期モデルの販売を待ってるユーザーも多いと思います。

4代目プリウスが販売されて4年が経過しているのでそろそろ販売されてもいいはずです。

 

現行モデルと比較

  • エクステリアはクロスオーバー風になる可能性
  • パワーユニットは4代目プリウスの物を使用
  • 待望の4WD採用
  • TNGA採用で進化する安全・走行性能
  • セーフティセンスは夜間歩行者対応
  • ブライドスポットモニターなどその他安全装備も用意
  • もしかしたらエスティマと統合で消える可能性も・・・

現在の情報まとめるとこの様になっています!

 

また新型プリウスαの最新情報入ったらすぐにお伝えします♪

元の投稿: 車お役立ち情報「Car Factory」 | 車に関するお役立ち情報や最新情報をわかりやすく解説します。
【2020年 新型プリウスα フルモデルチェンジ最新情報】搭載エンジン・安全装備・価格は?エスティマと統合!?

AD336

AD336

-
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.