やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

“CP0”ステューシーは「お茶会」に何らかの目的があった?

投稿日:

“闇の帝王達”の内の一人“歓楽街の女王”ステューシー

その正体が、天竜人直属の最上級諜報機関であるサイファーポール“イージス”ゼロ(CP0)の諜報部員だと判明。

4804.jpg

“CP0”と言えばドレスローザ編に初登場したけど、まさかここでも登場するとは。

そういえば以前から、「前半の海との対比でサイファーポールが登場するのでは?」という意見もあったね。ドンピシャだ!

元“CP9”のルッチ達はいかにして“CP0”となったのか?

最上級の諜報機関“CP0”メンバーの変遷を考える

サンジ奪還編とロビン奪還編の類似点まとめ

さて、ステューシーがCO0だと判明したことで、サイファーポールがマムの近しい所に居た事になる。

過去を振り返ると、マムの幼少期にも政府の役人(CP0っぽい)が登場していた。

それはマムの恩人カルメルとの取引のシーン。

4793.jpg

この時からマム(リンリン)はサイファーポールの監視対象になってたのかもしれない。

さて、この場にCP0が潜入している意味は、その目的とは一体何なんだろう?

もちろん、今回のお茶会にステューシーが来たのはマムに招待されたからに他ならない。

しかしマムの事を「リンリン」と呼び、親し気なステューシーは相当昔からマムとの関係性を作っていたに違いない。

それはこういう機会に呼ばれる存在になる為だろう。

つまり、今回のお茶会にも呼ばれることは織り込み済みで、何らかの目的を持って来たのではないかな?と。

今回はその目的について考えてみたい。

Source: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
“CP0”ステューシーは「お茶会」に何らかの目的があった?

AD336

AD336

-ワンピース

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.