やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

自動車コーティング「撥水」と「親水」のちがいとオススメは

投稿日:

ボディ色や駐車環境によって使い分けすべし

 クルマ好きに欠かせない洗車。なかでもシャンプーの後にコーティングしている読者は多いだろう。昔はワックスが主流だったが、いまやコーティングのほうが手間もかからず、がっちりと長期間に亘ってボディを保護してくれるということで人気は高い。自動車のコーティング、親水と撥水のちがいとオススメ

 また、コーティングの特徴のひとつに強力な水弾きがあるのだが、「撥水」と「親水」の2タイプに分かれる。ちなみに最近は「疎水」という言葉もよく聞くが、厳密には撥水と親水の中間的なもので別モノ。ただし、表面的な効果としては親水と同じなので、コーティングでは違いなく扱っている。では、撥水と親水、どういったメリットとデメリットがあるのだろうか。駐車環境に合わせた使い分けも含めて、整理してみよう。

 

【撥水タイプ】

自動車のコーティング、親水と撥水のちがいとオススメ まず撥水の特徴は、なんといっても水弾き。コロコロと転がり落ちる水滴こそ撥水コーティングならではで満足度も高い。しかし、コロコロの水玉がネックになるケースも。にわか雨のあとに急に太陽に照らされると、水滴に光りが集まって塗装がレンズ効果で焼けてしまう可能性があるのだ。また、乾燥した跡が丸く残るのも見た目によくはない。これは洗車してそのままにしても起きる現象で、白く残るのは水道水に含まれるカルシウムなどが原因だ(雨の場合は汚れ)。自動車のコーティング、親水と撥水のちがいとオススメ

 

【親水タイプ】

自動車のコーティング、親水と撥水のちがいとオススメ 一方の親水はというと、撥水タイプのように水滴はならず、ベタッと大きな水膜となって流れ落ちるという特性。水玉として残りにくいため、雨ジミやウォータースポットになりにくい。ただし、水膜にならない程度の小雨だと、稀に水分が残って跡になってしまうケースはある。そして、デメリットは”見た目の気持ちよさに欠ける”ということ。明らかな効果がわかる撥水と比べると、コーティング特有の満足感が感じにくいのだが、この点をどう受け止めるかはオーナー次第であろう。自動車のコーティング、親水と撥水のちがいとオススメ

 

特性を知ればオススメが見えてくる

 撥水なのか、親水なのか。最終的には好みで選べばいいのだが、次のような場合は選び分けたほうがいい。まずは駐車場所。屋外では雨に当たったり、日差しに照らされたりを繰り返すこともあるので、親水のほうがダメージは少ない。ボディカラーもウォータースポットが目立ちやすい濃色系であれば、親水のほうがいいだろう。一方、ガレージ保管などの屋内であれば水滴が集めた日光によって塗装が焼かれることもないので、撥水でも問題は起きにくい。自動車のコーティング、親水と撥水のちがいとオススメ

 このようにコーティングを選ぶときは、価格や効果持続期間、作業性だけでなく、愛車の保管や色なども考慮しつつ、撥水か親水かもチェックするとよりよいボディケアが可能になるだろう。「なんとなく良さそうだから選んでみた」では逆効果のこともあるので要注意だ。

元の投稿: Auto Messe Web
自動車コーティング「撥水」と「親水」のちがいとオススメは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.