やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

サーキット走行でMT車よりもAT車の方が速いといわれるワケ

投稿日:

サーキット走行でのメリット&デメリット

 いまやレーシングカーであっても2ペダルであることは多数派、左足ブレーキは当たり前のテクニックとなっています。つまり、クラッチ操作は不要な時代。それでもシフトチェンジ自体はパドルやレバーでマニュアル操作していますが、完全オートマチックにすることが理想的ともいわれています。はたしてATのほうが速く走れるという理由はどこにあるのでしょう。MT車よりもAT車の方が速い

シフトミスをなくし、理想的なギアを選択する

 レーシングカーの2ペダルと、市販車の2ペダル(AT車)は似て非なるものに見えますが、根本的な部分での狙いは同じ。それはドライバーの負担を軽減することでミスを減らすということ。たとえば2ペダルのパドルシフトであれば、クラッチペダルやシフトレバーの操作をなくすことにより両手でステアリングを握り続けることができます。MT車よりもAT車の方が速い

 ブレーキング時のシフトダウンでも機械がエンジン回転を合わせてくれるのでヒール・アンド・トゥも不要。つまり、人間の持つリソースを有効に活用して、ドライビングへの集中度を高めることができるわけです。こうしたメリットは市販車であっても同様なのです。MT車よりもAT車の方が速い

 さらにいえば、パドルを多めにクリックしてしまっても、必要以上にシフトダウンしない制御もあるので、シフトミスによるオーバーレブも皆無で、逆にシフトアップのミスによる失速もありません。Dレンジで変速を任せてもスポーツモードを選べばサーキット走行をカバーするプログラムを組んだクルマも存在します。MT車よりもAT車の方が速い

 機械的にさまざまな2ペダルトランスミッションがありますが、CVTにしろ、ステップATにしろ、DCTにせよ、いずれもMTよりシフトチェンジの時間は短く、変速ロスは最小限。0-100km/h加速などのデータを見ても、いまやMTよりもATの方が速いは当たり前になっています。速さだけでいえばATのほうが有利なのは事実です。MT車よりもAT車の方が速い

 

ATが必要とするエネルギーはロスになる

 ただし、MT車であればクラッチ操作やシフトチェンジは人力で行なっていますが、ATを動かすためには油圧や電力などのエネルギーが必要になります。そして、そうしたエネルギーは基本的にエンジンが生み出しています。

 とくに小排気量エンジンでは、エネルギー損失は無視できない存在。CVTであれば変速プーリーを押し付ける油圧を生み出すロスがあるし、DCTでもクラッチやシフトチェンジにおいてエネルギーを使っています。MT車よりもAT車の方が速い

 また、伝達効率というのもATのウィークポイント。エンジンとミッションをつなぐトルクコンバーターでのロスは目立ちますが、いまどきのATではロックアップといって、必要に応じて直結状態にする制御を行なっているので、かつてほどのロスが多いというわけではありません。MT車よりもAT車の方が速い

 

熱の問題からMTのほうが有利なことも

 では、サーキット走行を楽しみたいというユーザーはATを選ぶべきか、といえばその答えはイエスではありません。少なくとも、現状で販売されている多くの市販車ではATはサーキット走行を得意としてはいません。MT車よりもAT車の方が速い

 その理由は熱対策。数周だけ走ってみるという程度であれば問題は露見しないものの、連続周回ではミッションオイルが高熱になってしまいます。そうなると機械を守るためにセーフモードに入ってしまい、スポーツ走行できなくなることも珍しくありません。MT車よりもAT車の方が速い

 そのために、ATフルードを熱に強いタイプに変えたり、ATオイルクーラーを大きくしたり、追加したりといったチューニングが必要になります。もちろんMTであってもハードに走るようになるとミッションオイルクーラーが必要になってくることもありますが、ATのほうがより熱対策が重要といえるのです。MT車よりもAT車の方が速い

 とはいえ、初めてサーキット走行を楽しんでみようというユーザーであれば、ドライビングに集中しやすいAT車で臨むことがおすすめ。サーキット走行というのは、コース各所のポストから出されるフラッグをチェックしながら走る必要があります。クルマの操作に集中してフラッグを見落としたのでは危険です。そうした意味からもサーキットデビューは、操作に余裕の持てるATで始めるのもいいでしょう。

元の投稿: Auto Messe Web
サーキット走行でMT車よりもAT車の方が速いといわれるワケ

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.