やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

“赤髪のシャンクス”が“百獣のカイドウ”を止めた方法

投稿日:

ワノ国を裏で牛耳って居る四皇“百獣のカイドウ”。

“この世における最強生物”という肩書に見合うその実力は折り紙付き。

龍の姿では一吹きで城跡を山ごと削り取り、人の姿では「5番目の皇帝」と称されるルフィを一撃でノックダウンさせた。

そのルフィが放つ渾身の技も、全てをノーガードで受けたカイドウはノーダメージ。

攻撃力、防御力においても現在のルフィの数段上にいる怪物だろう。

そんな怪物カイドウを相手に小競り合いを起こした人物が居る。

同じく四皇である“赤髪のシャンクス”だ。

4663.jpg

マリンフォードの「頂上戦争」に向かうカイドウを、シャンクスが止めたと言われているが、こんな怪物をシャンクスはどのようにして止めたのか?

前書きが長くなったけど、ここではそれを考えてみたい。

①単純な武力

かつては世界最強の剣士ミホークと渡り合っていたシャンクス。

現在でも、剣一本で赤犬の攻撃を止める事ができる、相当な実力者だ。

更に片腕を失った後も四皇の地位は揺るがず、未だに「海の皇帝」として君臨し続けている。

とは言え、怪物のようなカイドウ率いる“百獣海賊団”を相手するには若干の戦力&武力不足感は否めない。

そもそも、カイドウは百獣海賊団として船を率いて海へ出たのかな?

もしかしたら龍の姿で一人戦争に向かった可能性があるかもしれない。

その時の海兵のセリフもこんな感じだったしね。

モモンガ「“赤髪”が!? 何かの間違いじゃないか…なぜ今…相手は誰だ…!!」

海兵「“四皇”の“カイドウ”です…!!!」

空島からの自殺を試みた時のように単独で戦地に向かった?

シャンクスは、その後クルーと共にマリンフォードに現れた事から海賊団として動いていただろう。

という事は、カイドウVS赤髪海賊団?

これなら単純に武力だけでもカイドウを引かせる事は可能かもしれない。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
“赤髪のシャンクス”が“百獣のカイドウ”を止めた方法

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.