やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

マツダ 新型RX-9 !新開発ロータリーを搭載して新発売予定

投稿日:

現在では販売停止されているRX-7・RX-8はロータリーと呼ばれるマツダ独自のエンジンを搭載していました。

電気モーターのように回るエンジンで、車好きから一目置かれるエンジンでしたが。現在では排ガス規制の影響でラインナップからなくなっています。

 

しかしマツダはこのロータリーエンジンを復活させる計画があるようで、「スカイアクティブR」と呼ばれる新開発エンジンの搭載が期待されます。

今回はそんな新型RX-9の最新情報をまとめてみました!

 

新型RX-9に搭載されるエンジンとは?

 

いままで噂されていた次世代ロータリーエンジンでは、ハイブリッド技術が採用されるとの情報がありましたが、今現在では純粋なガソリンエンジンとして開発が進んでいるようです。

内燃機関としての燃焼効率アップやレスポンス重視となっているようです。

 

まず注目ポイントだが、吸気ポートが上部、排気ポートが下部に配置することで歴代ロータリーと

サイドポートの配置は見直されて、吸気・排気ポートが両側から片側に変更されている

 

これによってローター側面からポート側に吹き抜けるガスを少ないくして、ガスシールを減らすことができフリクション低下の効果がある。

ツインスクロールシングルターボ採用

搭載されるツインスクロールシングルターボは、ロータリーとのマッチング相性がいいとのことです。

1ローター1サイド排気ポートにすることで、高い排圧ロスなく干渉させないでタービンブレードに最短で導きます。

 

これによってタービンブレードの効率を高めることで、低速域からのターボ加給率を上げることが可能になっており、ロータリーが苦手とした低速トルクを太く、高回転域まで滑らかなトルク特性を発揮します。

 

またこのターボは電動ターボと呼ばれるもので、電動コンプレッサーを利用することでより低い回転数からターボを作動させることができます。

これによって加給圧・圧縮比が高く設定できることで、最高出力・環境性能の両立か可能

 

エネルギー回収システムも注目

ハイブリッドにはならないとの情報になっていますが、エネルギー回収システムは採用される見込みです。

 

 

マツダ独自開発「i-ELOP」と呼ばれるエネルギー回収システム

 

 

このシステムによって電気二重層キャパシターに電力を回収してエアコン・オーディオ駆動の補助に回り猿臂性能が向上します。

これらの技術によって排ガス規制をクリアしたロータリーエンジンが復活します。

スペック

  • エンジン:ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」(800cc×2ローター+ターボ)
  • 最高出力:400馬力
  • 車重:1300kg
  • トランスミッション:7速MT
  • 駆動方式:FR

プラットフォームはどうなる?

雑誌の情報ではRX-8のプラットフォームを大幅改良したものを採用するようです。

  • エンジン搭載位置見直し
  • リアトランスアスクル
  • カーボン採用
  • アルミ素材使用面積拡大
  • ハイテン素材使用面積拡大

これらの改良が施されて目標車両重量は1300キロ台を目指しているようです。

 

またトランスミッションは「リアデファレンシャル一体設計 8速AT」が搭載されるようで、今現在ではMTが用意されるのか不明です。

 

新型RX-9のエクステリアは?

こちらは2015年東京モーターショーに出展されたコンセプト「RX-VISION」となります。

どっからどう見てもマツダとわかる魂動デザインは凄いですね。

 

国内ではデザインでメーカーがわかるのはレクサスとマツダ

他のメーカーも最近では独自のデザインで統一されていますが、レクサス・マツダは一個上なような気がします!

 

RX-VISIONのリアデザインは、いま販売されているマツダ3のようなデザインしており現実味が出てきました

 

  • 全長:4389mm
  • 全幅:1925mm
  • 全高:1160mm
  • ホイールベース:2700mm

コンセプトモデルのボディサイズはこのようになっています。

全幅こそ広いですが全長などコンパクトになっており新型スープラとほぼ同じ全長となります。

可変式リアスポイラーも

またマツダはリアスポイラーで特許を取得しており、これが新型RX-9に採用されると予想されます。

速度域に応じてリアスポイラーの角度調節することで、最適なダウンフォースを発生させることが可能です。

 

このような可変式リアスポイラーは一部高級スポーツカーなどが採用しています

止まってるときはデザイン・走ってるときは実用性兼ね備えていますね。

新型RX-9の発売日や価格は?

今現在最新の発売日は2021年~2022年頃の発売と予想されています。

まずは東京モーターショーで新しいコンセプトモデルが出展される予定となっている。

 

販売価格は600万~800万円となり新型スープラと被る価格帯になりそうです。

しかし今の情報のようにハイテン・アルミ・カーボンなどの、素材が使用されるのであれば高価になるのは間違いないでしょう。

 

まとめ

「マツダ 新型RX-9 !新開発ロータリーを搭載して新発売予定」は参考になりましたか?

一度はラインナップから消えたロータリーエンジンの復活は車好きにはたまりませんね。

 

新型スープラ復活など話題になっていますので、この流れでロータリー復活といってもらいたいです。

またRX-7も復活との情報もありますので、今後のマツダから目が離せない状況となりそうです

 

新型RX-9の最新情報が入ったらすぐに伝えします!

元の投稿: 車お役立ち情報「Car Factory」 | 車に関するお役立ち情報や最新情報をわかりやすく解説します。
マツダ 新型RX-9 !新開発ロータリーを搭載して新発売予定

AD336

AD336

-
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.