やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

クルマのエアコンの悪臭が病気の原因に!定期的なメンテで臭いの元を断つ

投稿日:

内部に溜まったゴミやホコリが異臭の原因

 昔ほどではないが、エアコンの臭いが気になることがある。その昔は、スイッチをつけた途端にカビ臭かったり、腐敗臭がしたものだ。最近はエアコンフィルターがほぼすべてのクルマに装着されるようになったり、プラズマクラスターなどの空気清浄機付き純正アクセサリーもあることから、昔ほど臭さを感じることは減ってきた。エアコンの悪臭の原因と掃除方法

 とはいえ、それでも臭うことがある。そもそも悪臭の原因はなんのか? まず1番大きいのは内部に溜まったゴミや汚れの腐敗。エアコンにはインパネの内側にエバポレーターという装置があり、これがファンの風を冷し車内に送ることで、冷風を作っている。内気循環であれば、ここに外からゴミや落ち葉などが入り込むことはないが、それでも車内のホコリなどが溜まる。エアコンの悪臭の原因と掃除方法

 

 外気導入だとさらにやっかいで、外からのゴミなどが大量に入ってきてしまいエバポレーターに溜まってしまうことも多い。最近、家庭用のエアコンでクリーニングサービスをCMで見かけたりするが、あれはクルマで言うところのエバポレーターに当たる部分で、クルマも同じようにフィンの間に汚れやゴミが溜まってしまうことで悪臭の原因になる。しかもクルマの場合は家庭用のように簡単に洗えないのが問題だ。

 以前、クルマのエアコンがかなり臭かったのは、入り込んだものが除湿された湿気でグズグズになって腐敗が進んだからだ。実際に内部をスコープで見たことがあるが、枯れ葉やゴミなどが山のようになっていて驚いたことがある。

エアコンの悪臭の原因と掃除方法

 

定期的なフィルター交換が必要

 その点、最近のクルマには、前述の通り、必ずと言っていいほどエアコンフィルターが付いている。しかも、その装備位置はエバポレーターの手前にあるため、手前で空気をろ過してくれるので、昔ほどは臭くはならない。ただし、エアコンフィルター自体にゴミが溜まりすぎると、今度はそこで悪臭を放ち始めるので、定期的な点検と交換が重要になってくる。

エアコンの悪臭の原因と掃除方法

 都市部と郊外では汚れの進行スピードも異なるが、冬と夏前の1年に2回はチェックして、表面が薄汚れていたら、交換するようにしよう。交換自体は難しくなく、クルマの取扱説明書を見ながらやれば誰でも可能だ。

 また、吹出口まわりにも汚れは付くので、綿棒やタオルを巻いた割りばしで、届く範囲でいいのでルーバーのすき間から差し込むようにして内部をきれいにしよう。もちろん奥の奥までは清掃できないが、届く範囲でもかなり汚れているはずなので、効果があることは間違いない。 エアコンの悪臭の原因と掃除方法

 吹き出し口を掃除しただけでも綿棒やタイルには汚れが付いてくる。ここを通った風を吸っていると思うとゾッとするはず。もし、ホコリやゴミなどにカビが発生していた場合は、研究によってはガンになる可能性も指摘されているだけに、できるだけきれいにして使いたいものだ。

 

元の投稿: Auto Messe Web
クルマのエアコンの悪臭が病気の原因に!定期的なメンテで臭いの元を断つ

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.