やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

高速道路料金の割引だけではない! 意外と多い「ETC2.0」のメリットとは

投稿日:

高速道路を一時下車しても料金は同額

 高速道路のパーキングなどでよく見る『ETC2.0』のPR。従来のETCに変わる仕組みってのは分かるけど、違いや導入するメリットは果たして何なのか。知らない人が意外に多い新システム『ETC2.0』をおさらいしてみよう。

 1997年に日本での試験運用が始まったETCは”エレクトリック・トール・コレクション・システム”の略で、有料道路の料金所で一時停止する必要がない「自動料金収受システム」のこと。一方の『ETC2.0』とは沿線に設置された”ITS”とそれに対応する車載器を通信させ、広範囲における渋滞や交通規制の情報を受け取ったり、安全運転の支援を受けることができる、いわば付加機能が与えられたETCともいうべきシステムだ。電子料金収受システムであるETC2.0のメリット

『ETC2.0』は、渋滞などの情報や迂回ルートをカーナビに音声と画像で表示させたり、音声発信型の車載器であればカーナビばなくとも様々な情報を得られる。道路情報の取得は、最大1000kmとカーナビのVICSよりも広範囲。また、料金の割引が従来のETCより大きいのもメリットといえるだろう。

 さらに指定されたIC(インターチェンジ)から有料道路を降りて同じく指定の道の駅に寄り、1時間を超えずに有料道路に戻るケースならば、有料道路を降りなかったときと同料金が適用されるなど、ドライブをより快適&オトクになる仕組みもある。ETC2.0限定のサービスは今後も増え続ける予定で、そのためにも旧ETC車載器からの買い替えを促進しているというワケだ。電子料金収受システムであるETC2.0のメリット

旧ETC車載器が2030年以降使えなくなる

 なお、車載器はカーナビと連動させず単体で利用可能な価格帯(2万円前後)が人気だそうで、セットアップや車両の取り付け料金がかかるのは従来型と同じ。費用を考えると現状では「メリットが少ない」と考える人も少なくないだろうが、将来的に情報安全確保の規格が変更されることがほぼ確定しており、2030年ごろには初代ETCの車載器は使用できなくなることも考えられる。電子料金収受システムであるETC2.0のメリット

 ただしETC2.0の車載器でも新規格に非対応の製品があるので、購入するときはメーカーや販売店で確認するのを忘れずに。有料道路を頻繁に利用するドライバーであれば、いま導入しても十分に恩恵はあるだろう。しかし、週末しかクルマに乗らないドライバーや近距離の移動がメインのドライバーは、費用対効果を考えると少し割高に感じるかもしれない。とはいえ現在のETC車載器が使えなくなる日は確実にやってくる。電子料金収受システムであるETC2.0のメリット

 早めに切り替えるかギリギリまで旧モデルで引っ張るかはさておき、ETC2.0のメリットや移行するための費用を知っておいて損はないはずだ。

元の投稿: Auto Messe Web
高速道路料金の割引だけではない! 意外と多い「ETC2.0」のメリットとは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.