やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

生きてたボンクレーの再登場と活躍の場はくるのかな?

投稿日:

2年前のインペルダウンにて、自身を犠牲にしてルフィ達を地獄の監獄から逃してくれた立役者“Mr.2 ボンクレー”ことベンサム

オカマの別れに言葉はいらない

そう言うボンちゃんは1人インペルダウンに残り、マネマネの実の能力で所長マゼランに扮し動力室にて「正義の門」を開ける。

その後マゼランに見つかり、勝ち目の無い一騎打ちに。

「本望」という言葉を残しその場は暗転…死は免れないと思われた。

しかし2年後…

短期表紙連載「世界の甲板から」にて登場!

インペルダウン5.5番地

ニューカマーランド新女王ボン様

後ろ姿ではあるが、間違いなくボンちゃんだ。

インペルダウン5.5番地の新女王として仲間を従え君臨していた。

そこで気になるいくつかの事柄について考えて見たい。

[あの状況でどうやって助かったのか?]

2年前、インペルダウン編ラストのマゼランとの一騎打ち。

この状況でどうやって助かったのか?

マゼランの手刀にはドクドクの能力により毒が塗布されていた。

おそらく、それに一瞬も触れることなく逃げ切ることは不可能だろう。

順当に行けば、毒をくらって動けなくなり、そのまま牢獄行き、かな?

しかし、毒を食らわずに逃げ切れる可能性が2つある。

[① 残る同志達]

あの時ルフィ達と共に脱獄した囚人達は総勢241名。相当な数だけど、ジンベエはこう言っていた。

「他にも途中倒れた同志達を何百人と置き去りにしてきた!」

その残った同志達がなんとか命を取り留めて、ボンちゃんを救出した?

そして、インペルダウン内にいくつかある秘密の通路を通って5.5番地へ…

[② 黒ひげ海賊団の乱入]

もしくは、やられる寸前に黒ひげ海賊団が乱入し、総出でマゼランに攻撃を仕掛けた?

マゼランが虫の息だった件はおそらく黒ひげ海賊団の仕業だろう。

2年後のマゼランは左のツノや羽根、左顔面に大きな傷を負っていた事がそれを物語る。

その隙にボンちゃんは5.5番地へ逃げた?

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
生きてたボンクレーの再登場と活躍の場はくるのかな?

AD336

AD336

-ワンピース

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.