やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

ワンピース 第964話“おでんの冒険”感想

投稿日:

[週刊少年ジャンプ2020年新年01号]

(コミックス派はネタバレにご注意)

第964話“おでんの冒険” 感想。

白ひげが前に属していた海賊団

お前は人の下に付けるタイプの人間じゃねェ

そういうのが集まるとチームがどうなるのか

おれは前の海賊団でイヤって程思い知ってんだ

白ひげの言う「前の海賊団」ってのはロックス海賊団の事だよね。

カイドウ、ビッグ・マム、キャプテン・ジョン…

確かに「人の下に付けるタイプじゃない人間」ばかりっぽい。笑

そういうのばかりが集まるとチームはどうなる?

やはりセンゴクが言ってた様になったって事だろう。

●語り継ぐ者が居ない程に皆仲が悪い

●船内で「仲間殺し」が絶えない

そうなったら確かにチームとしては破綻の一途を辿っちゃうよね。

いつかロックスについても詳しく語られるよね!多分。

カイドウとマムの会話の中から、ちょっとした回想がありそうな気もするー!

7178.jpg

ワノ国出身者とゾウ出身者の違い

おでんと白ひげ達が共に鍋(おでん)を囲んでる!

これは、ワノ国側からの歓迎と友好の証の「おでん」なのかな?

その中にちゃっかりネコマムシもいるね。

猫舌だからフーフーしてるのが可愛い。笑

やっぱり赤鞘九人男の中でも、ワノ国出身者とゾウ出身者では、外海の者との関わり合いも少し違ってくるんだね。

外からワノ国に来た海賊とすぐに鍋を囲んでるのがネコだけ。(たぶんイヌも?)

これは生まれ育った環境が関係してそう。

この時も錦えもんは白ひげ達との友好より、おでんの家臣として主君を出国させない事を先決としていた。

ゾウで錦えもんは当時の事をこう言ってたね。

「義理堅く悪い人間とは思わんが…」

この口ぶりから、あまり親しい間柄にはなってなかった様子。

やはり鎖国国家であるワノ国の環境、おでんの筆頭家臣としての責任がそうさせたのかな。

マルコとネコマムシが二人並んでおでんを食べてる姿を見て、ゾウでネコマムシがマルコの名前をあげたのもなんとなく分かるような。馬が合ってる感。笑

7585.jpg

白ひげ海賊団の夜逃げ出航と「お礼の宝箱」

おでんを連れて行く気のなかった白ひげは、こっそりと夜逃げする様にワノ国を出航。

その際に、食糧や材木を貰ったお礼として「宝箱」を置いていったそう。

コレの中身は何だろか。

単に「金銀財宝」なのかな?

世界で流通している通貨「ベリー」はワノ国では両替しないと使えないから、価値のある「財宝」とか?

この宝箱…オロチに盗まれそうな気がする。

マルコは15歳の時には既に能力者?

30年前、見習いとして白ひげの船に乗っていたマルコ。

この時から既に「トリトリの実の幻獣種 モデル:不死鳥(フェニックス)」の能力者だったのかな?

――というのも、今回の描写の中にそう思われる箇所があった。

7583.jpg

おでんが暑い国で燃えてしまった時、一目散に飛んでいったキャラから炎が出ているように見える。

これは不死鳥マルコによる「復活の炎」ではないだろうか。

焼けたおでんの身体の自己治癒力を上げ、少しでも回復を早くさせようとする処置かもしれない。

マルコは白ひげ海賊団中でも医療班のトップだしね。

そしてもう一つ。

おでんが鎖で船にしがみついている時、そのおでんにくっついてきたイゾウだけを引き上げてやれと白ひげに言われたマルコ。

これはマルコがトリトリの能力を持っているからこそできるのではないか。

て事から、この時すでにマルコは能力者だったのかな?と。

白ひげの船にすでに黒ひげが乗っている?

引き上げられたイゾウが白ひげに向かっておでんを引き上げろと言っているコマの右端に、黒ひげらしき風貌のキャラがいる。

7584.jpg

顔は描かれていないけど、モジャってる髪と大きく腹の出た体型は黒ひげに酷似しているよね。

しかし今は回想中で30年前…

当時の黒ひげの年齢は10歳って事になるんだよね。

さすがに10歳でこの体型と身長はないかな。笑

いやさ……もしかしたらコレが「黒ひげの体の構造が異形」というのに繋がったりする可能性がある?

4298.jpg

体の成長速度に異常があるとか…

キーワードである「人の倍生きてる」ってのとうまく絡められたら面白そうなんだけどな~!!

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
ワンピース 第964話“おでんの冒険”感想

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.