やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

2020年2月 新型アコード フルモデルチェンジ!搭載エンジン・安全装備・価格は?

投稿日:

 

ホンダが販売するセダン「アコード」がフルモデルチェンジされて新発売される予定となっています。

すでに米国では新型アコードが販売されており、遅れて日本に導入といった形です。

 

米国モデルではターボモデルもラインアップされていますが、日本ではハイブリッドモデル一本となります。

今回はそんな新型アコードのフルモデルチェンジ情報をまとめてみました。

2020年2月 新型アコード フルモデルチェンジ(搭載エンジン)

 

日本に導入されるハイブリッドは、2モーターハイブリッドで「i-MMD」になります。

今回のフルモデルチェンジで名称が変更されて「e:HEV」になりました。

 

同じくフルモデルチェンジされる「フィット」も2モーターハイブリッドe:HEVを搭載しています。

  • 2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン
  • 最高出力:107kw(145ps)
  • 最大トルク:175N・m(17.8kgf・m)
  • 走行用モーター
  • 最高出力:184ps/5,000rpm-6,000rpm
  • 最大トルク:32.1kgm/0rpm-2,000rpm
  • システム最高出力:215ps/6200 rpm

 

日本導入では1ラインアップのみですが、アメリカなどではガソリンターボモデルも用意されています。

新型アコードのガソリンターボモデルとは?

  • 1.5Lターボ4気筒エンジン

    最高出力:195ps/5500rpm

    最大トルク:26.5kgm/1500~5000rpm

    トランスミッション:6速MT or CVT

  • 2Lターボ4気筒エンジン

    最高出力:256ps/6500rpm

    最大トルク:37.7kgm/1500~4000rpm

    トランスミッション:6速MT or 10速AT

 

1.5Lエンジンはヴェゼルやステップワゴンに搭載されているものですね。

2.0L エンジンはシビックなどに設定されています。

 

エンジン以外にも注目ポイントがあります

10速AT搭載になります。

 

10速ATにすることでエンジンパワーを無駄なく使用でき、燃費向上のメリットなどあります。

残念ながら日本仕様にラインナップされないのが残念です。

2020年2月 新型アコード フルモデルチェンジ(エクステリア)

 

先代モデルと比べて幅広く・低くしたワイド&ロースタイルとなっり、オーバーハングを短縮してボンネット低くすることで伸びやかなデザインとなっています。

 

ピラーも高強度材の使用や工法を工夫することで、細くデザイン性向上に加えて視界確保の安全性もアップしています。

アウディA7にようなクーペデザインがかっこいいですね。

 

 

日本仕様で用意されるボディカラーは全6色となります。

  • プラチナホワイトパール
  • クリスタルブラックパール
  • ルナシルバーメタリック
  • ブリリアントスポーティブルーメタリック
  • パッションレッドパール

このようなラインナップとなります。

 

新型アコードのボディサイズは?

  • 全長:4881mm
  • 全幅:1861mm
  • 全高:1450mm
  • ホイールベース:2829mm

先代モデルよりもホイールベース拡大されて室内空間が向上されています。

 

全幅は先代1849mmから+12mm拡大されています。

日本で運転するには少し大きいサイズですね。

 

1850mm超えると駐車場に少し制限が出てくるので、やはりアコードはアメリカメインの車なのが分かりますね。

日本専用車であるクラウンは1800mmを頑なに死守しています!

新型アコードのインテリアは?

 

先代比+51mm拡大されたホイールベースがゆとりある室内空間を確保しています。

またインテリア各所にソフトパッドなど使用することで高級感向上

  • メーターには7インチTFT液晶
  • 上級グレードにはヘッドアップディスプレイ
  • 8インチのナビゲーションを標準装備
  • ワイヤレス携帯端末充電器
  • リアトランクはバッテリー小型化でガソリンモデルと同等の広さ

このようにインテリアも進化しています。

 

2020年2月 新型アコード フルモデルチェンジ(安全装備)

 

ホンダの安全装備パッケージ「ホンダセンシング」を引き続き使用します。

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)

  • 誤発進抑制機能

  • 歩行者事故低減ステアリング

  • 路外逸脱抑制機能

  • ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

  • LKAS(車線維持支援システム)

  • 先行車発信お知らせ機能

  • 標識認識機能

上記の機能に加えて以下の機能が追加されます。

 

オートハイビーム

搭載されたセンサーによって夜間走行時に、道路状況に応じてハイビーム&ロービームの切り替えを自動的におこなって、夜間の視界を確保します。

後方誤発進抑制機能

リバース時に後方などに障害物がある状態で、アクセルを踏み込んでもエンジン出力制御によって誤発信を抑制します。

 

このような機能が追加されましたが、ホンダ車ではまだアダプティブハイビームが搭載されていないので、今のライバルたちを見ると搭載されてないのは少し時代遅れと言えますね。

新型アコード フルモデルチェンジ後の価格は?

現行モデルは2ラインアップとなっていましたが、新型アコードではレジェンドのように1ラインアップとなります・

  • 販売価格:465万円

先代モデルと比べると下のグレードで60万以上、上のグレードで約50万円の価格上昇となります。

 

しかし1ラインアップにすることで様々な装備を標準装備とすることでお買い得感がアップしています。

まとめ

「2020年2月 新型アコード フルモデルチェンジ!搭載エンジン・安全装備・価格は?」は参考になりましたか?

アメリカでは2017年に販売されている10代目アコード

 

このまま日本で販売されないかと思いましたが、CR-Vのように遅れての販売となりました。

懸念はやはり全幅が1850mmを超えているところですね・・・

 

しかしレクサスESも1850mm超えてるにもかかわらず好調な販売を記録していますので、新型アコードも期待が持てます。

ホンダならでは走りが楽しいセダンがどのような販売を見せるか楽しみです。

 

元の投稿: 車お役立ち情報「Car Factory」 | 車に関するお役立ち情報や最新情報をわかりやすく解説します。
2020年2月 新型アコード フルモデルチェンジ!搭載エンジン・安全装備・価格は?

AD336

AD336

-
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.