やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

ラフテルと空白の100年に存在したある巨大な王国との関連

投稿日:

第967話“ロジャーの冒険”にて、遂にグランドライン最後の島に辿り着いたロジャー海賊団。

そこに実際にあった莫大な宝を目の前にしたロジャー達は涙が出るほど笑い、その島に「ラフテル(笑い話)」という名前をつけた。

この島にあったお宝はどういうものだったのかについては別記事で考えている。

ロジャーが「ラフテル(笑い話)」と名付けた島にあった「莫大な宝」とは?

では、そのラフテルと名付けた島と空白の100年に存在した「ある巨大な王国」に関連性はあるのか?

今回はこの件について考えてみたい。

 

「ある巨大な王国」の情報まとめ

まず、空白の100年に存在した「ある巨大な王国」についての情報をまとめる。

●その王国の姿はポーネグリフを読み解くと浮かび上がる

●かつて強大な力を誇ったが、今はもう跡形もない

●王国の情報は執拗なまでに掻き消された

●王国の人々はその「思想」を未来へ託そうと、歴史の本文に真実を刻んだ

●歴史の本文に古代文字を刻んだのはワノ国の「光月家」

●世界政府にとって彼らの「存在」と「思想」こそが脅威

●オハラのクローバー博士が王国の名を口に出そうとした瞬間に撃たれた

●歴史の本文を残した者達には「敵」がいた

●空白の100年とは世界政府に揉み消された不都合な歴史

 

「ラフテル」の情報まとめ

次に、ラフテルについてもまとめる。

●4つのロードポーネグリフを解読する事で浮かび上がる島

●世界政府が行く事を禁じている島

●莫大な宝がある島

●空白の100年に存在したジョイボーイの残した宝がある島

●世界の全てを知ることの出来る島

●800年間誰も行きつけなかった島

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
ラフテルと空白の100年に存在したある巨大な王国との関連

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.