やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

TAS2019でベールを脱いだ衝撃エアロの正体。

投稿日:

エッジカスタムズ、ラグジ、グランドチェロキートラックホーク

IMPACT! Evolution Grand cherokee

ノールール、エッジ・スタイル。

"最先端"を意味する"エッジカスタムズ"でダッジ・チャレンジャーフォード・マスタングのチューニングをプロデュースするラグジが、オートサロン2019で新作を発表した。それは、かつてない激しさと、セクシーさと、破壊力をもつスーパーSUVだった。

 

Jeep Grand Cherokee Track Hork EDGE CUSTOMS Edition

エッジカスタムズ、ラグジ、グランドチェロキートラックホーク

この地球上で0〜100km/h加速が3秒台をマークするスーパーSUVは2台のみである。1台はランボルギーニ・ウルス。そしてもう1台はジープ・グランドチェロキー・トラックホークだ。ウルスが3.6秒に対し、トラックホークが0-60マイル(96km/h)で3.5秒。これは現行型ポルシェ911GTSに勝るとも劣らない驚異的な数値である。ちなみにトラックはピックアップなどの“Truck”とはスペルが違う。アメリカでトラックはサーキットを表し、つまり“Track Hawk”=“サーキットの鷹”となる。

去る1月半ばに幕張メッセで開催された東京オートサロン2019の会場で、世界中のメディアが注目するトラックホークがあった。猛禽類の獰猛さを具現化したような、GTカーも真っ青なエアロパーツを身に纏い、地を舐めるように低く構えたボディが話題を呼んだ。日本はともかく、本国アメリカでもこれほどアグレッシブなトラックホークは存在しない。

エッジカスタムズ、ラグジ、グランドチェロキートラックホーク

製作したのは岐阜に本拠地を置くアメ車の専門ショップ、ラグジだった。こちらはアメ車全体に精通しながらも、特に現行クライスラー系では膨大な知識量を誇る日本屈指のスペシャリストだ。Made in Japanのプライドをかけ、設計、製作、施工までをジャパン・クオリティにこだわったワイドボディキット、『EDGE CUSTOMS(エッジカスタムズ)』を展開していることでも知られている。その最新作としてワールドプレミアされたのがご覧のトラックホーク。従来の常識を打ち砕く“規格外”の迫力と存在感が魅力だ。

 

最高出力707馬力のストリートモンスター

エッジカスタムズ、ラグジ、グランドチェロキートラックホーク

グランドチェロキートラックホーク

エッジカスタムズ、ラグジ、グランドチェロキートラックホーク

エッジカスタムズ、ラグジ、グランドチェロキートラックホーク

エッジカスタムズ、ラグジ、グランドチェロキートラックホーク

ホイールは1221(トゥエル ブトゥエンティーワン)のR5445 AP2X Apex2.0、22インチ

エッジカスタムズ、ラグジ

ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャットと共通する6.2ℓV8スーパーチャージャーは最高出力707馬力、最大トルク89.2kgmを発揮する。トランスミッションは8速ATでゼロヨンのタイムは11.6秒と驚異的だ。そのスーパーSUVをベースにフェンダーやスポイラー、ディフューザーなどで超ワイド&ローなフォルムを実現したエッジカスタムズ。トラックホークを“ストリートモンスター”に仕上げてしまった。ホイールは1221(トゥエルブトゥエンティーワン)のR5445 AP2X Apex2.0、22インチ。タイヤは295/35-22。

 

ヘキサゴン柄の秀逸テールライト

ヘキサゴン柄の秀逸テールライト

グリルなどはブラッククローム化でさらにクールさを増し、よく見ればテールライトはヘキサゴン柄の装飾で凄味を加えている。オートサロン以降、世界中から市販化の要望が寄せられているが、現段階では現車はプロトタイプとなっている。

 

問い合わせ:EDGE CUSTOMS

Tel:0120-694-206

HP:edge-customs.com

 

Text:Takenao Hayashi 林 剛直(So-Kal International)

Traxtion4[トラクション・フォー]

マガジンボックス

元の投稿: 車 カスタムカー, 改造車 専門WEBマガジン | tuners(チューナーズ)
TAS2019でベールを脱いだ衝撃エアロの正体。

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.