やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

普段使いもこなす、トヨタ・マジェスタの心臓部を移植した50’sポンティアック

投稿日:

古き良き時代のアメリカを偲ばせるスタイリング

 とあるクラシックカーイベントに出展されていた1台の古めかしいアメ車。古き良き時代のアメリカを偲ばせるスタイリングに惹かれて近づいてみる。1950年式ポンティアック・シルバーストリークだ。ところが、エンジンのアイドリング音が、オリジナルとなんか違うような…。

「積んでいるエンジンを知ると皆さんビックリします」。そう語るのは鹿児島県内で歯科医院を営むオーナーの重永誠之さん(76歳)・応樹さん(42)親子。

 元々は3.9リッターの直6エンジンをトヨタ・クラウン マジェスタ用の2JZ-GE型3リッター直6(240馬力)に換装しているのだという。ポンティアック・シルバーストリーク

 シルバーストリークの購入は2013年。誠之さんのひと目惚れだった。
「3年間ほどでしょうか? 鹿児島県内の中古車販売店“アメリカンドリーム”のショールームに展示されていました。不動車でしたが、間近で見てみるととてもキレイで新車のような輝きを放っていました。内装もほぼオリジナル。気づいたら契約書にハンコを押していました」。

ポンティアック・シルバーストリーク

 ちなみに、当該車両は、1991年(平成3年)から一時抹消登録されており、約10年間倉庫に眠っていた個体だという。

12Vバッテリー化、エンジン&ミッションを換装

 再生のために、さっそく日頃メンテナンスでお世話になっている県内のガレージにシルバーストリーク持ち込み、初めて運転席に座った父・誠之さん。ところが、ここで予想外の事態が発覚する。

 クラッチどころか、ブレーキペダルを踏み込もうと足を伸ばすも届かない。シートを一番前にスライドさせても、シートバックにクッションを当ててもダメ。身長158cmの誠之さんには遠すぎたのだ。

 厚底シューズではないが、木材とゴム材を貼ってペダル自体を厚くする作戦に出たが、なかなかうまくいかない。この時点で、もはや運転は息子の応樹さんに譲るしかないと諦めたという。ポンティアック・シルバーストリーク

 さらに、バッテリーの電圧が現代のクルマでは一般的な12ボルトの半分、6ボルトと非常に低いため電気の使用量が上限一杯近くになると、ヘッドライトは自転車のそれよりも頼りない光度に。エンジンの始動もままならなくなる。

 かくして、12Vバッテリー仕様へのバージョンアップとともに、エンジンおよびミッションを載せ替える方向で具体的に話が進みはじめたが、鹿児島県内のガレージでは他の作業と並行となるため、時間がかかってしまう。そこで、遠路はるばる、以前から応樹さんと親交のあった千葉県松戸市の“JEEP CAFE TOKYO”に持ち込むことにした。ポンティアック・シルバーストリーク

「2トン近い大柄なボディに対して、エンジンが約90馬力と貧弱だったので、パワートレインのスワッピング(換装)には抵抗なかったですね。V8エンジンがアイデンティティだったり、マスタングといったスポーツモデルだったら話は違ってきますが…。ホノボノとした雰囲気はそのまま、普通に走れるほうがいいと考えました」(応樹さん)

 紆余曲折を経て、“見た目は‘50年代、中身は現代的”をコンセプトとした大改造は、作業開始から公認車検取得まで約4カ月という短期間で終了。28年ぶりに無事路上復帰となった。

元の投稿: Auto Messe Web
普段使いもこなす、トヨタ・マジェスタの心臓部を移植した50’sポンティアック

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.