やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

2020年4月 ダイハツ新型タフト発売!搭載エンジン・装備・価格は?

投稿日:

 

ダイハツから新型車「タフト」が新発売される予定となっています。

新型タフトはクロスオーバーSUVとなっており、ライバルはスズキハスラーとなっています。

 

ダイハツは普通車のロッキー、更にはテリオスキッドの復活販売も予定しており、近年のSUVブームの波に乗っかって次々とSUVジャンルに殴り込みをかけます。

今回はそんな新型タフトの情報をまとめてみました。

2020年4月 ダイハツ新型タフト発売(搭載エンジン)

 

搭載されるエンジンラインアップはターボエンジン・自然吸気エンジンから選択することが可能となっている。

  • 自然吸気直列3気筒660cc
  • 最高出力:52ps/
  • 最大トルク:6.1kgm
  • 直列3気筒660ccターボエンジン
  • 最高出力:64ps
  • 最大トルク:10.2kgm

どちらともFFと4WDを設定して販売されます。

また注目なのが新開発となる新型CVT「D-CVT」

 

新型タフトに搭載されるエンジンはこの新型CVT「D-CVT」に合わせて設定されるため、従来のモデルよりも動力性能・燃費性能が大きく向上されています。

「D-CVT」とは?

世界初のスプリットギアを採用したトランスミッションとなります。

この技術は今までのCVTに「ベルト+ギヤ駆動」組み合わせた、従来のCVTより高い高い伝達効率と幅広い変速域が特徴となっています。

 

D-CVTでは遊星ギヤを組み込むことで高速域でのエンジン伝達効率を向上させることで、燃費向上や静粛性アップなどの効果が得られます。

今までのCVTでは6速ATの変速幅でしたが、D-CVTでは8速ATに相当する変速幅を実現しています。

新型タフトは4WD性能も優秀

  • グリップサポート制御

ぬかるみや滑りやすい路面でタイヤが空転などした場合、反対側のタイヤに優先的に駆動力を配分することで、タイヤのスリップを抑制して脱出性能を向上させる機能となっています。

  • DAC(ダウンヒルアシストコントロール)

雪道などの滑りやすい路面、急勾配の下り坂などでに有効な機能で、設定すると前進時:約4~15km/h、後進時:約4km/hを維持しながらキープして走行が可能となります。

ドライバーはハンドル操作に集中して運転が可能となります。

新型タフトのエクステリアは?

 

ライバルであるハスラーと比べるとこちらのほうがゴツゴツして、まさにSUVといった外観となっています。

ホイールアーチ部分は泥や傷に強い樹脂製となっている

 

樹脂だと万が一傷ついた時に交換費用が安くなるなどのメリットがありますね。

ヘッドライトも最新のものが採用されており、タントに採用された「アダプティブドライビングビーム」が新型タフトにも設定されます

 

  • 新型タフトボディサイズ
  • 全長:3395mm
  • 全幅:1475mm
  • 全高:1630mm
  • ホイールベース:2580mm
  • タイヤサイズ:165/65R15

 

どの軽自動車にも言えますが規格いっぱいいっぱいのボディサイズとなっています。

インテリアは?

 

新型タフトで特徴的なのがこの開放的なパノラマルーフでしょう。

恐らくここまで大きな面積のパノラマルーフは軽自動車ではなかったのではないでしょうか?

 

またオプションで9インチの大画面ナビゲーションも用意される予定となっています。

インテリアもエクステリア同様にスクエアをモチーフにしたものとなっています。

 

ディスプレイオーディオにはSmartDriveLinkやApple CarPlay対応

2020年4月 ダイハツ新型タフトの装備は?

新型タフトではダイハツの安全運転サポートパッケージの「スマートアシスト」が搭載されます。

  • 衝突回避支援ブレーキ機能

  • 歩行者対応自動ブレーキ

  • オートハイビーム

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)

  • 車線逸脱警報機能

  • 誤発進抑制制御機能(前方)

  • 誤発進抑制制御機能(後方)

  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全車速レーダークルーズ

  • 車線キープアシスト

  • ロードサインアシスト

  • 車線逸脱抑制機能(LKC)

  • ADBC(アダプティブドライビングビーム)

  • フルLEDヘッドランプ サイドビューランプ

  • サイドビューライト

  • パノラマビューパーキングアシスト

  • 前車追従ステアリング制御

このような先進の機能によってドライバーの安全運転をサポートしてくれます。

軽自動車でも最新の安全機能を搭載することで、メインカーでも普通車と遜色ない安全性が確保しています。

2020年4月 ダイハツ新型タフトの価格は?

新型タフトの発売日は今現在2020年4月となっています。

二月後半か三月に先行予約が開始されるとみられます。

 

今現在価格は判明していませんが、同じく次世代ダイハツ「タント」の価格が参考になるでしょう。

・Lグレード[2WD]・・・1,306,800円

・Lグレード[4WD]・・・1,431,000円

・Xグレード[2WD]・・・1,463,400円

・Xグレード[4WD]・・・1,587,600円

ターボX[2WD]・・・1,560,600円

ターボX[4WD]・・・1,684,800円

上記はタントの価格となりますが、新型タフトもこのように近い価格となると予想されます。

 

まとめ

「2020年4月 ダイハツ新型タフト発売!搭載エンジン・装備・価格は?」はいかかでしたか?

ここ最近各メーカーSUVジャンルの充実化を図っており続々と新型車が発売されます。

 

レクサスもUXよりも小さいベビーSUVに販売も噂されており、今後もSUVジャンルは注目といえるでしょう。

新型タフトもレジャー関係が盛り上がっていますので、軽自動車でSUVを待ち望んでるユーザーが多いのでハスラーと切磋琢磨して盛り上がっていくでしょう。

 

また新型タフトの最新情報が入ったらすぐにお伝えしますね!

元の投稿: 車お役立ち情報「Car Factory」 | 車に関するお役立ち情報や最新情報をわかりやすく解説します。
2020年4月 ダイハツ新型タフト発売!搭載エンジン・装備・価格は?

AD336

AD336

-
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.