やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

2020年5月 新型テリオスキッド フルモデルチェンジ!搭載エンジン・装備・価格は?

投稿日:

 

ダイハツからテリオスキッドの復活フルモデルチェンジが予定されている情報が出ています。

センターデフロックを搭載する本格オフロード4WD軽自動車として販売されていました。

 

2012年に販売停止してから8年の歳月を得て新型テリオスキッドがフルモデルチェンジ。

新プラットフォームや先進安全機能を搭載して、大幅に性能を向上させて発売される新型テリオスキッドの情報をまとめてみました。

2020年5月 新型テリオスキッド フルモデルチェンジ!搭載エンジンは?

 

タントより搭載が開始された新開発プラットフォームに合わせたエンジンが用意されます。

自然吸気・ターボエンジンの2種類用意されて、ユーザーの用途に合わせて選択することが可能です。

  • 直列3気筒660cc
  • 最高出力:52ps
  • 最大トルク:6.1kgm
  • トランスミッション:D-CVT
  • 駆動方式:FF/4WD

 

  • 直列3気筒660ccターボ
  • 最高出力:64ps
  • 最大トルク:10.2kgm
  • トランスミッション:D-CVT
  • 駆動方式:FF/4WD

 

搭載されるエンジンは「DNGAプラットフォーム」に合わせて新開発されたものとなっていて、従来のエンジンよりも環境性能・動力性能など向上しています。

 

また燃焼効率を高めるために「マルチスパーク」と呼ばれる着火システムを採用しています。

シリンダー内で複数回着火することで燃焼速度を高める

 

新開発トランスミッション

D-CVTと呼ばれる新開発トランスミッションが新型テリオスキッドに採用されます。

  • ベルト+ギヤ駆動を組み合わせ

パワースプリット技術と呼ばれるもので、従来にCVTトランスミッションに遊星ギアを組み込んだことで、変速幅を広げることが可能になりました。

 

従来型CVTでは6速AT相当の変速幅でしたが、D-CVTは変速幅が広がった事で8速ATに相当する変速幅になりました。

伝達効率は8パーセント向上して燃費性能がアップしています。

新開発プラットフォーム採用

 

新世代プラットフォーム「DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャー)」と呼ばれるシャーシが採用されます。

軽量化・剛性アップ・安全性能向上といった基本性能がアップしているプラットフォームとなります。

 

ライバルにあたるジムニーはラダーフレームを採用しているのが、新型テリオスキッドはラダーフレーム採用してませんが、この新プラットフォームによって高い剛性が確保されています。

2020年5月 新型テリオスキッド フルモデルチェンジ(エクステリア)

新型テリオスキッドのエクステリアデザインはロッキーが参考になるでしょう。

エクステリアは押し出しの感のある力強いデザインとなるでしょう。

 

ライバルのジムニーも四角いデザインでまさにSUVといった感じですね、

新型テリオスキッドがどのようなデザインになるか楽しみですね。

 

ジムニーとの違いは新型テリオスキッドは5ドアを採用するとのことです。

家族がいる人でも購入しやすいですね。

 

インテリアは?

今の情報をまとめると以下のようになります。

  • シート素材は汚れに強いもの
  • ラゲッジなどは撥水加工される
  • SmartDriveLinkやApple CarPlay対応

まだまだインテリアに関する情報が少ないので、最新情報入ったらすぐに伝えますね。

2020年5月 新型テリオスキッド フルモデルチェンジ(機能は?)

  • 衝突回避支援ブレーキ機能

  • 歩行者対応自動ブレーキ

  • オートハイビーム

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)

  • 車線逸脱警報機能

  • 誤発進抑制制御機能(前方)

  • 誤発進抑制制御機能(後方)

  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全車速レーダークルーズ

  • 車線キープアシスト

  • ロードサインアシスト

  • 車線逸脱抑制機能(LKC)

  • ADBC(アダプティブドライビングビーム)

  • フルLEDヘッドランプ サイドビューランプ

  • サイドビューライト

  • パノラマビューパーキングアシスト

  • 前車追従ステアリング制御

 

これらの安全運サポート機能が新型テリオスキッドに採用されます。

最近では軽自動車でも数々の運転支援サポート機能が採用されて、万が一の事故の回避または軽減をサポートしてくれます。

 

またダイハツコネクトと呼ばれるサービスが提供されると情報がありますが、新型テリオスキッドでは採用されないでしょう。

ここはやはりコスト面での見送りでしょう。

 

しかしマイナーチェンジでタント含めて軽自動車が対応する可能性があります。

 

ダイハツコネクトのサービス内容は以下になります。

  • 「つないでサポート」
  • 「見えるドライブ」
  • 「見えるマイカー」
  • 「つないでケア」

このようなサービスが提供されています。

以前まではレクサスのような高級車が採用していましたが、ここ最近では各メーカーともサービスを提供しております。

発売日や価格は?

今現在の情報では新型テリオスキッド発売は2020年5月が最速販売です!

他の情報では2021年になるとの噂もあります。

 

販売価格は150万円前後~190万円前後の価格で販売される予定となっています。

ライバルであるジムニーもこの価格帯ですので、新型テリオスキッドも同じような価格帯になると予想されます。

 

まとめ

「2020年5月 新型テリオスキッド フルモデルチェンジ!搭載エンジン・装備・価格は?」はいかがでしたか?

ジムニーの対抗馬で新型テリオスキッドを発売する予定で、8年ぶりの復活でファンは待ち望んだといった感じですね。

 

雑誌情報によるまだ発売日は先と記載されていたので、もしかしたら2021年にずれこむ可能性があります。

それと新型タフトの発売が4月なのでバッティングをさけるために来年の可能性が高いとのことです。

 

また新型テリオスキッドの最新情報が入ったらすぐにお伝えします。

元の投稿: 車お役立ち情報「Car Factory」 | 車に関するお役立ち情報や最新情報をわかりやすく解説します。
2020年5月 新型テリオスキッド フルモデルチェンジ!搭載エンジン・装備・価格は?

AD336

AD336

-
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.