やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

ワノ国で“竜”を斬ったリューマが英雄とされ、“龍”のカイドウが守り神とされている矛盾

投稿日:

“龍”の姿でワノ国九里の博羅町に姿を現したカイドウ。

6743.jpg

更にカイドウは現在のワノ国において、国を守る「明王」とされている。

将軍オロチは火祭りの夜、カイドウの本拠地である鬼ヶ島に「参拝」に行くという。

それは形だけだと言うが、ワノ国の民にとってカイドウは崇める対象であり「守り神」の様な存在なのだろう。

龍の姿のまま現れた事からも、龍=守り神と考えていいだろう。

しかしそうだとすると、一つ矛盾する件がある。

それは、「ワノ国の英雄」リューマの存在だ。

スリラーバークにてドクトル・ホグバックは、生前のリューマの偉業についてこう説明していた。

大昔…!! ウソか本当か

空飛ぶ竜を斬り落としたと語り継がれる

伝説の侍だ!!!

そして、錦えもんはリューマの墓が荒らされた事についてこう語っていた。

あの国中が涙した大事件!!

ワノ国英雄の“墓荒らし騒動”!!

犯人はお主であったか!!

そう、リューマが「伝説の侍」「ワノ国の英雄」と呼ばれるようになった所以は、「竜」を斬った事に由来する。

年月の違いはあれど、一方では「竜」を斬った侍を英雄視し、もう一方では「龍」を神と崇める。

今回は、この矛盾について考えたい。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
ワノ国で“竜”を斬ったリューマが英雄とされ、“龍”のカイドウが守り神とされている矛盾

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.