やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

ワンピース 第972話“煮えてなんぼのおでんに候”感想その②

投稿日:

[週刊少年ジャンプ13号]

(コミックス派はネタバレにご注意)

第972話“煮えてなんぼのおでんに候” 感想 その②。

 

死に際の笑みは闇に浮かぶ月の如し

カイドウに頭を撃ち抜かれ釜に沈んだおでん。

その口元は最後まで笑っていた。

これは“Dの一族”と近しいものを感じるよね。

処刑台で笑ったロジャーとルフィ、エースもサウロも死に際に笑っていた。

そしてその笑みはまるで夜の空に浮かぶ「月」の様。

7963.jpg

過去にこんな記事を書いた。

長年ワノ国を治めてきた「光月一族」も“Dの一族”の系譜?
 
7398.jpg

空白の100年に存在した「ある巨大な王国」に“Dの一族”が関係している事は間違いないだろう。

800年前、この王国の人々(“Dの一族”?)はその「思想」を未来へ託すべく「歴史の本文」に真実を刻んだ。

そして、その「歴史の本文(ポーネグリフ)」に古代文字を刻んだのがワノ国の「光月一族」だ。

この繋がり…やはり「光月」も“Dの一族”なのかな?

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
ワンピース 第972話“煮えてなんぼのおでんに候”感想その②

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.