やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

海軍の潜入ドレークの“百獣海賊団”加入時期について思う事

投稿日:

百獣海賊団に加入したX・ドレーク率いる「ドレーク海賊団」

現在では百獣海賊団の真打ちの中でも最強の6人である「飛び六胞」という役職に就き、幹部の1人に名を連ねているドレーク。

しかし実はドレークは海軍本部の機密特殊部隊「SWORD」の隊長でもある。

つまりドレークがワノ国にやって来た理由は、海兵としての任務だったという事だろう。

四皇の海賊への潜入任務?

そして“百獣海賊団”への加入時期は「一年以上前」

6243.jpg

だけど加入のキッカケ自体は「2年と少し前」まで遡る。

新世界入りしたドレーク海賊団が、カイドウお気に入りの「冬島」に上陸した際の出来事。

その冬島には、カイドウの部下の“アイアンボーイ”スコッチという男がいた。

6242.jpg

このスコッチにドレークはこう呟いた。

――つまりもしお前の首を取れば

カイドウが黙ってないと

元々、百獣海賊団への加入を希望していたドレークは、この流れでスコッチと戦ったと思われる。

しかし、この後すぐに百獣海賊団入りをしたのならば2年前にはワノ国入りしてる筈だ。

実際にはスコッチとの邂逅から「数ヶ月から一年の間」が空いている。

では、その「数ヶ月から一年の間」に何があったんだろう。

今回は、そのあたりについて考えてみたい。

① ドレークVSスコッチ

まず、その時のスコッチとのドレークとやり取りはこうだ。

ス「あの人を怒らせない方がいいぜルーキー」

ド「――つまりもしお前の首を取ればカイドウが黙ってないと」

ス「そういう事だ…わかったらさっさと…」

ド「だったら話が早い」

ゾオン系古代種「アロサウルス」に変身したという事は、ドレークは臨戦態勢だ。

言葉通り、スコッチを倒したんだろう。

つまり、傘下であるスコッチを通してカイドウに喧嘩を売った事になる。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
海軍の潜入ドレークの“百獣海賊団”加入時期について思う事

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.