やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「フェンダーのツメ折り」は事故車扱いってホント?シャコタン車の定番メニューは封印か

投稿日:

デメリットによるリスクをどう考えるか

 クルマのカスタムメニューのひとつである「フェンダーのツメ折り加工」。タイヤがフェンダーの内側に擦れて傷付くのを防ぎ、ホイールをツライチで履くためにも有効な手法だ。しかし、ツメ折り=事故車と扱われたり、買い取り額が下がるなんてウワサもある。それらの真偽とツメ折りする際の注意点を解説しよう。フェンダーのツメ折りがもたらすデメリット

 車高を大きく落としたり、太いタイヤやホイールを履かせる場合、その干渉を防ぐために必要となってくるメニューがフェンダーのツメ折り。フェンダーの”ツメ”は内側(タイヤハウス側)に曲げられており、その部分をさらに内側つまり上方向に折り曲げ、タイヤやホイールとの干渉を防ぐという加工だ。ホイールのツラ部分をフェンダーのラインに揃える、いわゆるツライチに欠かせないメニューであり、ツメ折りをしなかったことで、フェンダーとタイヤが擦れあってバースト(タイヤの破裂)を起こしたというケースもよく聞く。フェンダーのツメ折りがもたらすデメリット

 そんなフェンダーのツメ折りだけど、事故車として扱われるなんて納得できない。そう憤慨する人も多いだろう。ウワサの真相を確かめるべく、某ディーラーの営業スタッフに聞いてみた。

「実際に査定したことがないので断言はできませんが、事故車とはいわずとも極端な改造車と判断され、いずれにしろマイナス査定になる可能性はあります。ただ、勤続20年の自分ですら一度もお目にかかったことがないので、そういったクルマをディーラーで買取してもらう人は、非常に珍しいケースではないでしょうか」とのこと。フェンダーのツメ折りがもたらすデメリット

 では、カスタマイズカー専門の中古車販売店はどう判断するか。コチラは「ツメ折りしているかよりも処理がキチンとされているか、査定のときはそこがポイントになります。プロが塗装面をヒートガンなどで温めながら、塗膜が割れないようキレイに折っていればマイナスにならないし、素人が鉄パイプなどでいい加減に折った形跡があればイメージは決してよくないですね」と、作業のクオリティで大きく左右されるようだ。フェンダーのツメ折りがもたらすデメリット

 ツメ折りしたからといって車検に落ちるワケじゃないし、愛車の足もとをカッコよく極めるには欠かせないメニューであることは違いない。ただし、フェンダーごと交換できるフロントはともかく、リヤは失敗すると修復には結構な手間と費用がかかり、それこそ事故車と同レベルの鈑金作業が必要になるケースもある。

 くれぐれも安く済ませようと生半可な知識と技術で手を出さず、ノウハウを持ったプロに依頼することが大切なのだ。なお、ナンバー付き競技用車両で行なうモータースポーツでは爪折り禁止(JAF規則)なので、要注意。

元の投稿: Auto Messe Web
「フェンダーのツメ折り」は事故車扱いってホント?シャコタン車の定番メニューは封印か

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.