やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

アクセル全開で振りまわせる相棒! 走りが楽しいコンパクトカー5選

投稿日:

日本の道路事情にぴったりなパワーとサイズ

 手ごろなパワーとサイズを武器に、キビキビとした走りを楽しめるコンパクトカー。国内外の自動車メーカーから魅力的なモデルが続々と販売されており、ひと昔前の”テンロク”全盛時代を思い起こす人も多いだろう。なかでも”走り”にこだわるオーナーから支持される5車種をピックアップしてみたい。

【トヨタ・GRヤリス】

 まずはトヨタがWRCでの勝利を至上命令とし、満を持して世に送り出した「GRヤリス」から。専用開発された1600ccエンジンはターボ(過給機)を組み合わせ、3気筒にして272psという異例の高出力を達成した。トランスミッションは6速MTを組み合わせる。GRヤリスやフィット、マツダ2など走りが楽しいオススメのコンパクトカー 最新の4WDシステムによりパワーを路面へ確実に伝え、サスペンションやボディも競技を前提とした質実剛健、かつトヨタの最先端テクノロジーを惜しみなく注ぎ込んだ設計だ。GRヤリスやフィット、マツダ2など走りが楽しいオススメのコンパクトカー 価格は396万円~と決して安くはないものの、中身を考えればお買い得といって差し支えないし、所有する喜びはライバルの追随を許さないと思われる。

 

【スズキ・スイフトスポーツ】

 費用対効果がダントツに高いのは、スズキの「スイフトスポーツ」だろう。970㎏という超軽量ボディに140psの直噴ターボエンジンを搭載し、さらにミッションはクロスレシオ化した6速MTという、評価の高かった先代モデルをも凌駕するスペックだ。GRヤリスやフィット、マツダ2など走りが楽しいオススメのコンパクトカー それでいてプライスは187万円~、排気量が1400ccなので税金面でもメリットは多い。チューニングパーツも豊富に揃っているので、カスタムのベース車としても最適ではないだろうか。

 

【マツダ2】

 完成度やバランスの高さでは、デミオから生まれ変わった「MAZDA2」もオススメの1台。全グレードに6速MTを設定するなど、走りに対するコダワリは以前から定評があった。GRヤリスやフィット、マツダ2など走りが楽しいオススメのコンパクトカー マツダ独自の『スカイアクティブ・テクノロジー』に基づき開発された、直列4気筒ガソリンエンジン『SKYACTIVE-G』を搭載する、モータースポーツのベース車『15MB』も引き続き設定。ある程度の装備を省くことで軽量化しつつ価格も抑え、200万円を超える軽自動車も珍しくない時代において、165万円の驚異的なバーゲンプライスを実現している。

 

【アバルト595】

 輸入車では世界的なヒットとなった「アバルト595」も忘れてはいけない。ベースグレードでも145psとリッターあたり100psオーバー、上級モデルの『コンペティツィオーネ』ではなんと180psを達成する。GRヤリスやフィット、マツダ2など走りが楽しいオススメのコンパクトカー 車重が1120kgであると考えれば走りのよさが想像できるはず。価格は5速MTのベースグレードが300万円、コンペティツィオーネは383万円となる。高らかで官能的なエキゾーストノートを含め、じつに魅力的なプライスといえるだろう。

 

【ホンダ・フィット】

 最後は今年デビューしたホンダの新型「フィット」に、期待を込めてピックアップしたい。旧型まではワンメイクレースが全国で開催され、スーパー耐久でも輝かしい成績を収めていた。GRヤリスやフィット、マツダ2など走りが楽しいオススメのコンパクトカー それらに使われていたのは”RS”と名付けられたスポーツグレードだが、現行モデルではアウトドアを意識した『クロスター』を設定するなど、大きく路線変更したせいか現時点ではラインアップに存在しない。ただし後に追加される可能性はゼロじゃないので、熾烈なコンパクトカー戦線に参入してくれることを熱望したい。

元の投稿: Auto Messe Web
アクセル全開で振りまわせる相棒! 走りが楽しいコンパクトカー5選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.