やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

いま「チョイ盛り」が熱い! メーカー純正系エアロへのさらなる「トッピング」が人気を集めるワケ

投稿日:

新車購入時に追加で装着するユーザーが多い、メーカー直系エアロに着目

 新車を購入する際に、ディーラーで販売している自動車メーカー直系ブランドのエアロパーツも追加でオーダーする人が増えている。例えばトヨタならモデリスタやTRD、ホンダならモデューロや無限といった、クルマ好きならおなじみのブランドである。モデリスタやモデューロのエアロパーツにプラスするエアロパーツの紹介

 見た目のカッコ良さはもちろんのこと、新車に取り付けるのもあって品質を重視して作られているため、非常にフィッティングも良い。そしてディーラーで購入できるため、車検を気にすることなくカスタマイズを楽しめるのが人気の理由である。モデリスタやモデューロのエアロパーツにプラスするエアロパーツの紹介

 しかしいざ街中を走っていると、自分と同じクルマが全く同じブランドのエアロを装着していた……というケースに遭遇したことはないだろうか。せっかく自分らしさを主張するためにエアロを組んだのに、自分と同じような仕様のクルマが多いのだ。

 そもそもカスタマイズグレードを選ぶということは、多かれ少なかれ人との違いを出したい人たち。そんな他と被るのを嫌う人にとっては、ちょっと複雑かもしれない。

 そこで最近のアフターメーカーは、自動車メーカー直系ブランドのエアロに追加する専用のエアロを精力的に開発している。それを付けることでオリジナリティが出て、スタイリングにより一層磨きがかかるとしてユーザーから注目を集めているのだ。

トヨタが誇る人気ブランド、モデリスタのエアロにトッピング

 トヨタのコンパクトSUV、C-HRはオプションのエアロパーツが充実している。中でもモデリスタは上質さを全面に押し出したエレガントアイススタイル、先進的なデザインを採用してアグレッシブに仕上げたブーストインパルススタイルの2種類をラインアップ。

 SUV専門パーツメーカーのエルフォード(https://www.elford.co.jp)は、それぞれのフロントスポイラー下部に付け足す、その名も「フロントアンダーウイング」をリリース。両端を軽く立ち上げたフラップ風のデザインにより、装着するだけでスポーティな雰囲気がアップする。モデリスタやモデューロのエアロパーツにプラスするエアロパーツの紹介

 エルフォードが当初開発したのはエレガントアイス用だけだったが、ユーザーの要望が多いことからその後を追ってブーストインパルス用も開発したという。モデリスタエアロの人気が非常に高い一方で、違いを出したいユーザーが多いことを裏付けるエピソードである。モデリスタやモデューロのエアロパーツにプラスするエアロパーツの紹介

 現在は生産を終了した210型クラウンマジェスタ。アフターメーカーのエアロは少ないが、当時モデリスタからスポイラーが販売されており、中古車市場を見るとモデリスタのエアロをまとったマジェスタを多く目にする。そこに目を付けたエアロメーカーのKブレイク(http://k-break.com)は「MSP」というブランドを立ち上げ、モデリスタのスポイラーに付け足すエアロを開発した。モデリスタやモデューロのエアロパーツにプラスするエアロパーツの紹介

 まずフロントアンダーフラップは、メッキをあしらったモデリスタのフロントスパッツに追加するパーツ。フロントスパッツはフロントバンパーの両サイドに付ける分割式のため、中央にアンダーフラップを付けることで物足りなさを上手に補っている。リアは横長のメッキモールを添えたモデリスタのリアスカートに対応した、リアディフューザーをリリース。モデリスタが持つ高級感を損ねることなく、スポーティなムードを注入する。モデリスタやモデューロのエアロパーツにプラスするエアロパーツの紹介

 燃費の良さに優れたプラグインハイブリッド、プリウスPHVもモデリスタ製エアロの装着率が高い車種。メッキパーツがアクセントとなって上質な仕上がりとなっているが、小振りなデザインゆえに車高が低く見えないというユーザーの声が多いという。

 そこでモデリスタ専用のアンダースポイラーを開発したのがダックスガーデン(https://www.ducks-garden.co.jp)。カナードデザインを採用した左右分割構造となっており、視覚的な低さの演出とスポーティ感の向上をバランス良く両立させた逸品。ディフューザー形状のリアアンダースポイラーも用意している。モデリスタやモデューロのエアロパーツにプラスするエアロパーツの紹介

スタイリッシュなモデューロ&無限エアロにプラスα

 一方ホンダ車を見ると、軽2シーターオープンのS660はディーラーオプションのエアロパーツを装着するケースが多いという。もともと趣味性が強いクルマだけに、エアロで自分らしさを主張したいユーザーも一定数いるようだ。軽自動車専門のエアロパーツメーカー、KLC(http://www.klc-div.com)はオプションエアロを装着したユーザーたちに向けて専用のエアロを開発。

 まずグリル一体型のモデューロ製フロントバンパーに対応した、フロントアンダーリップ。モデューロのバンパーはリップ部が前上がりになっており、少々小振りに感じてしまう。そこで専用設計のリップを装着すれば、ボリュームを上手に補うことができる。モデューロの造形に合わせて滑らかなラインを取り入れ、装着しても後付け感が出ないように仕上げている。モデリスタやモデューロのエアロパーツにプラスするエアロパーツの紹介

 ホンダアクセスがS660をベースに製作した、見た目から走りまでトータルで強化したコンプリートカーが「モデューロX」。車輌本体価格は300万円オーバーと軽自動車としてはかなりプレミアムだが、普通のS660では物足りないこだわり派に人気の1台。

 だが販売台数が増えるほど、全く同じモデューロXに遭遇する可能性が高い。そこでKLCは、モデューロX専用のフロントアンダーリップを製作した。前方向への張り出しを増やすことで攻撃的な雰囲気が増し、バンパーのボトムに沿ってセンターを緩やかにラウンドさせているため違和感なくフィット。ライバルのモデューロXと大きく差を付けることができる。モデリスタやモデューロのエアロパーツにプラスするエアロパーツの紹介

 ホンダ専門のパーツメーカーであり、ディーラーでも購入・装着可能な無限のエアロパーツ。もちろんS660用の設定もあるが、やはりモデューロと同じく装着率が高い。無限のフロントアンダースポイラーに合わせて専用で作られたエクステンションリップを装着すれば、自分らしさをアピールすることができる。

 ダウンフォースを発生させる機能性を追求したデザインは、無限のエアロが持つスポーティ感をさり気なく引き立てる。またボリュームがあるため、装着時の満足度も高い。モデリスタやモデューロのエアロパーツにプラスするエアロパーツの紹介

元の投稿: Auto Messe Web
いま「チョイ盛り」が熱い! メーカー純正系エアロへのさらなる「トッピング」が人気を集めるワケ

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.