やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

本当の「カフェ」が語源! 旧車の「ちょいワル」カスタム「カフェレーサースタイル」とは

投稿日:

旧車カスタムの定番「カフェレーサースタイル」

 もし幸運にも旧車を手に入れることができたら、もしくは、すでに持っているなら、純正を保つのか、カスタムをするのかなど「マイ旧車をどう乗るか」考えるのも楽しい。

 旧車のカスタムといっても、発売当時のレース仕様をモチーフにしたり、現代流にアレンジしたりと、スタイルはいくつもある。中でも定番のひとつが「カフェレーサースタイル」だ。でも、そもそもカフェレーサーって、何? 「カフェ」というからには、何か意味があるのだろうか? と思った人も多いだろう。カフェレーサースタイルって何?

 そこで今回は「カフェレーサースタイル」について、カフェレーサーカスタムの参考になる、カッコいい過去のレーシングマシンの写真を中心にお送りする。

元々はバイク発祥のカスタム

 カフェレーサーとは、元々はバイクのカスタム様式で英国が発祥である。時は1960年代。ロンドン唯一の終日営業カフェ「エースカフェ」には、深夜に「ロッカーズ」と呼ばれたバイク乗りの若者が集っていた。彼らはロックンロールを好み、革ジャン・革パンツに身を包み、髪をリーゼントにキメて、自身の改造バイクの速さやカッコよさを競い合った。彼らが乗ったカスタムバイクは、いつしか「カフェレーサー」と呼ばれるようになった。カフェレーサースタイルって何?

 カフェレーサーの基本は、当時のバイクレースに出ていたレーサーバイクをモチーフにしており、走行に不必要な装備を取り除き、アルミやFRP製の細長いタンク、薄いシングルシートとバックステップ、低いセパレートハンドルを備えていた。カフェレーサースタイルって何?

 車体に腹這いになるようなライディングポジションにして空気抵抗低減を図っていたのも、レースシーンの影響であった。しかし、カフェレーサーはあくまでも本当のレーシングマシンではなく「スタイル」であり、ヘッドライトなどの灯火類は残されていた。カフェレーサースタイルって何?

 現在でもバイクカスタムの定番であり、メーカーも純正カフェレーサーを販売することがあるが、おおむねカフェレーサーの基本を押さえた装備を持っている。

元の投稿: Auto Messe Web
本当の「カフェ」が語源! 旧車の「ちょいワル」カスタム「カフェレーサースタイル」とは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.