やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

もはやドレスアップパーツ! 積めて映える一石二鳥の「積載系カスタム」4選

投稿日:

キャンプで役立つオススメの装備

 ソーシャルディスタンスが叫ばれるなか、密を避けられるレジャーとして注目されているキャンプ。家族や仲間、はたまた “おひとり様”で行く「ソロキャンプ」も人気だ。ただキャンプ道具を持ち運ぼうとすると、イス&テーブルやテント類、調理機材などの多くのアイテムをクルマに積み込まないといけない。もし趣味がマウンテンバイクやBMXなどの自転車で、一緒に積むことができれば周辺の散策も楽しめる。

 これらの大量の荷物は、積載量に余裕のあるクルマであれば問題ないかもしれないが、Kカーやコンパクトカーはおろか、乗車人数によってはミニバンでもすべて積み込むのは難しい場合もあるかもしれない。そんなケースで活躍するのが、キャリアやカーゴ、トレーラーなど、後付けの装備だ。レジャー用品の運搬に役立ち愛車の見栄えも向上する、そんなアイテムたちを紹介したい。積めて映える一石二鳥の「積載系カスタム」4選

1)タフなイメージになる急増中アイテム「カーゴラック」

 ルーフの上に荷物を載せられるカーゴラックは「YAKIMA(ヤキマ)」や「CURT(カート)」といったUSブランドが人気を牽引。アウトドア好きなユーザーだけでなく、クルマをUSカスタム系でドレスアップするオーナーたちのハートもグッと掴んでいる。積めて映える一石二鳥の「積載系カスタム」4選

 日本でブレイクする前は、わざわざ個人輸入して装着するユーザーもいたほど人気だったこの2ブランド。ルーフラックの前面に付ける「フェアリング」は、そのまま付けるだけでなく、カッコいいステッカーを重ね貼りするのも人気だ。積めて映える一石二鳥の「積載系カスタム」4選

 ただ積載するには注意点もあり、カーゴ自体の重さが11kg前後(サイズによってはそれ以上)、キャリアのパーツ類が4kg前後となり、耐荷重の低い車両(軽自動車であれば概ね30kg前後)は数キロ分しか積載できない、なんてこともあるので注意が必要だ。

2)現地での行動範囲が広がる「サイクルキャリア」

 はじめからキャンプ場内だけで過ごすつもりなら不要だが、ベースキャンプから少し遠くの方まで遊びに行ったり、遠くにあるトイレに行く足として使えるのが自転車だ。ただ、ハイエースやキャラバンといった1BOXなら室内に自転車を積んでもまだ余裕があるかもしれないが、2BOXのワゴンやセダン&クーペタイプだと、ほかの荷物も積み込むことを考えると、例え折り畳み式であっても難しいハズ。積めて映える一石二鳥の「積載系カスタム」4選

 そこで役立つのがサイクルキャリアだ。ルーフやリヤに積むタイプがあり、積載する自転車もカスタムしたBMXやマウンテンバイク、ピストバイクであればなおオシャレな雰囲気に。積めて映える一石二鳥の「積載系カスタム」4選

元の投稿: Auto Messe Web
もはやドレスアップパーツ! 積めて映える一石二鳥の「積載系カスタム」4選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.