やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「オシャレ」で「使える」! いまどきキャンプの「軽バン」最強説は本当だった

投稿日:

荷物をガンガン積めてコスパも最強なアウトドアツール

 スズキ・エブリイ、ダイハツ・ハイゼットカーゴといった、いわゆる軽ワンボックスバン。仕事クルマとしての性能は改めて説明するまでもないが、その広いラゲッジスペースや耐久性に優れたボディは、ビジネスのみならず「遊びクルマ」にも向いている。感覚的にはハイエースのスモールバージョンといったところか。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

 特にキャンパーたちからの支持率が高い。ここ最近はコロナの影響で難しかったりするが、軽バンならソロはもちろん、家族や仲間たちと一緒にもキャンプを楽しめる。軽自動車ではN-BOXやタントなどのスーパーハイト系も確かに広い。だが4人フル乗車になるとほとんど荷物は積めないのに対し、エブリイやハイゼットカーゴならそれでも90センチ前後の荷室長、1000L以上の容量を確保できる。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

 維持費が安いのも魅力。軽貨物(自家用)の自動車税は5000円と、乗用軽自動車の半分以下。それもハイエースバンのような毎年車検ではなく2年に1度だ。燃費もそこまで悪くはなく、エブリイのJC08モード燃費は15.4~19.6km/L、ハイゼットカーゴは16.0~18.8km/L。ミッションや駆動方式にもよるが、実燃費は平均14~15km/hくらいになるだろう。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

 軽貨物だから快適装備は控えめながら、グレードによっては自動ブレーキが付くなど安全装備も充実している。価格は最廉価で95~96万円、最上級でも150万円強と、今どきの乗用軽自動車たちに比べると割安。そして飾り気がなく無骨な見た目も、ちょっと手を加えるだけでお洒落に見えたりする。軽バンでもキャンプ場映えするカスタマイズが可能なのだ。

 という感じで、スペックを見ると魅力的な軽バンだが、本当にキャンプでは「使える」のだろうか? 今回はその辺を調査すべく、実際に軽バンをカスタムしてキャンプを楽しんでいる2人のユーザーに話を聞いた。彼らのキャンプライフをその愛車と共に紹介していこう。

週2でソロキャンを楽しむ車高短キャンパー

 24年式のDA64Vエブリイをキャンプ用兼仕事用として使っているMさん。ここしばらくはコロナと長梅雨の影響でご無沙汰気味だが、以前は週2ペースで軽バンキャンプを楽しんでいたという。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

「思い立ったら即キャンプへ。夕方からでもふと行きたくなったら出かけます。基本はソロで、家族と一緒に行ったのは数回くらいしかない。場所も設備の整ったオートキャンプ場ではなく、トイレしかないようなところに行きます。他のキャンパーたちが少なく開放感がありますし、今だと密にならないのもいいですね」。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

 エブリイをキャンプに使う理由は、やはり維持費の安さと使い勝手の良さが決め手。もともと軽自動車が好きで、これまでワゴンRや軽トラをカスタムして楽しんできたという経緯もある。このエブリイは「なるべくお金を掛けない」がコンセプトで、ドレスアップ的な要素はほとんどナシ。むしろ商用車独特のチープさを逆手に取り、レトロっぽい雰囲気に見せている。

 そんなスタリングの中で、車高だけは妙に低い。キャンプに使うなら、きっとローダウンはしない方がいい。不整地に弱くなるからだ。反対にリフトアップならば理にかなっているといえるが、一体なぜ落としているのか。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

「単純にローダウンが好きなんです(笑)。近ごろリフトアップが流行っているのは知っていますけど、自分はどうしてもあのスタイルを受け入れられない。デコボコ道だと腹下を擦ったりしますが、まあ承知の上でやってますから。他人に迷惑を掛けない範囲で車高短キャンパーを楽しんでます」。

ホームセンターの材料でルーフラックを自作

 ソロキャンには十分以上の積載スペースを誇るエブリイ。そこにルーフラックを装着してさらに積載量アップ。ベースキャリアは市販品を使うが、ラック部分はスチールと木材を組み合わせたオリジナル品だ。素朴なデザインがこのエブリイによく似合っている。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

「ベースはL字とフラットの鉄材を組み合わせ、屋根の幅ぴったりに設計。ベースキャリアにボルトでがっちり固定しています。囲いは鉄骨で作り、床面は杉の板張りに。腐らないようニスで防水処理も施しました」。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

 材料はすべてホームセンターで安くゲット。タープとして使っているのもホムセンで売られているブルーシート(青色ではないが)だ。オリジナルのロゴをカッティングシートにして貼り付け、ブランド品ぽく見せている。ナイス工夫。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

 何かと便利なカートもアストロプロダクツ製ながら、本体をクルマのボディと同色に、ホイールも分解して愛車と同じ色に塗装。さり気なくオリジナルのロゴもあしらうなど芸が細かい。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

作業は基本DIY。溶接機も持っており、スチールの棒をくっつけてテーブルの足などを作れる腕はあるが、ルーフラックの溶接は強度や安全性も考慮してプロに依頼。「仕事で背の高い物を積んだりするので、荷室にベッドキットや棚は置けない。だからルーフラックは重宝してます」。

普段のキャンプ用の荷物はこんな感じです

 ソロキャンプ時の主な荷物は、タープ・テント・テーブル・寝袋・大型のクーラーボックス・焚き火台・薪・ダッチオーブンや鍋などの調理器具・食器類・照明器具など。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

「車中泊の時はフロアにマットを敷いて寝袋に入ります。以前、家族4人(大人2人、高校生、小学生)で車中泊に挑戦してみましたが、何とか寝られましたよ。ちょっと狭かったですけどね」。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

 行きつけのキャンプ場は灯りが乏しいということで、照明器具は多めに持っていくそう。「ランタン3つに、LEDライトもいくつか。日が落ちると本当に真っ暗になるので、照明が足りないと料理もできない。食事も暗いと味気ないし、SNS映えする写真も撮りにくい(笑)。照明は大事です」。

味もSNS映えも抜群。料理はお洒落がモットー

 キャンプの楽しみといえば外で味わう食事。たとえカップラーメンでもいつもよりグッと美味しく感じるものだが、Mさんはきちんと料理を作る。それが実にお洒落なのだ。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

「一番得意なのはローストビーフかな。1時間半くらい掛けてダッチオーブンで作ります。泊まりの場合は、着いたらまずビールを開けて、ずっと飲みながら料理している感じです」。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

 他にも鮭の炊き込みご飯やパエリア、ローストチキンなどもよく手掛け、写真を撮ってSNSにアップするのも習慣になっている。ご覧の通り、いずれもプロ顔負けのクオリティだが、実はMさんは飲食店の経営者。「店でもダッチオーブンを使ったキャンプ料理みたいなメニューをいくつか用意しています」。

軽バンでキャンプはアリか? を実際にやっている人に聞いてみた

 Mさんのお店はいつも行くキャンプ場から数分の距離。仕事を終えてそのままエブリイでソロキャンプ、ということもよくあるそう。「もう生活サイクルの一部ですね。家族にも理解してもらっています」。

元の投稿: Auto Messe Web
「オシャレ」で「使える」! いまどきキャンプの「軽バン」最強説は本当だった

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.