やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

ワンピース 第987話“忠臣錦”感想その②

投稿日:

[週刊少年ジャンプ36-37合併号]

(コミックス派はネタバレにご注意)

第987話“忠臣錦” 感想その②。

 

サブタイトル“忠臣錦”の意味と元ネタ

8545.jpg

今回のサブタイトル「忠臣錦(ちゅうしんにしき)」

この元ネタは「忠臣蔵」からだと、コメント欄で教えてもらった。

忠臣蔵とは、47人の赤穂浪士が主人の敵討ちをする物語だ。

まさに主君おでんの敵討ちをせんとする赤鞘九人男と被る。

忠臣蔵は、リーダーの大石内蔵助の「蔵」で忠臣・蔵。

だから今回のサブタイトルは、リーダー格の錦えもんの「錦」をとって「忠臣・錦」

背景まで考えるとめちゃくちゃ熱いサブタイトルだ!!

 

おでんに対するカイドウの感情

赤鞘達の気迫に「おでん」を感じるカイドウ。

8548.jpg

カイドウのおでんに対する感情はどういうモノなのかな?

コメント欄では「コンプレックス」という言葉も出てたけど、個人的には「憧れ」や「尊敬」といったような感情の方が強い印象があるんだよね。

カイドウは、おでんの事を強者だと認めていた。

だからこそ息子のモモの助が弱い存在である事に納得いってなかったんだよね。

20年前のおでんとの戦いはひぐらしによって水を差され、不本意な勝利を手にした。

だけどカイドウにとってそれは敗北と同意だったんじゃないかな?と考える。

3日後の処刑でおでんが亡くなった事で、カイドウにとって一生超えることの出来ない存在になったんだよね。

だからこそ逆に、カイドウの中でおでんの存在が大きくなっていったのかもしれない。

それを言葉にすると「憧れ」とか「尊敬」になるのかな?と。

今一つ、適切な単語ではないかもだけど。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
ワンピース 第987話“忠臣錦”感想その②

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.