やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

海賊シャンクスが世界政府と通じている理由

投稿日:

第907話“虚の玉座”にて、聖地マリージョアに居る五老星の前に現れたシャンクス。

五老星は天竜人の最高位、つまり現世界政府のトップの存在。

そんな五老星の元に、いくら四皇といえども海賊が易々と来れるのはおかしい話だ。

対立する者同士のトップが裏で会談している奇妙さ。

特にシャンクスは元々、見習いとはいえ“海賊王”ゴール・D・ロジャーが率いていたロジャー海賊団のクルー。

海賊の罪は消えんでしょう…

ましてやロジャー海賊団

これは黄猿がレイリーに言ったセリフだが、「海賊=罪」で、「ロジャー海賊団なら尚更」だと。

思い返せば、頂上戦争を終結に導いたのもシャンクスだった。

全員──この場はおれの顔を立てて貰おう

海賊でありながら、海軍と海賊の戦いに歯止めをかけ、白ひげとエースの死をこれ以上晒されることのないよう弔いをかって出た。

海軍としては、勝鬨を上げるために二人の首を晒す意向だったようだが、時の元帥であるセンゴクがそれを承知した。

お前なら…いい 赤髪…

責任は私が取る

これも若干気にかかる。

シャンクスには海賊である以外に裏の顔があるのではないか?

5463.jpg

特徴である傷の無い方の横顔を描いた事も、シャンクスに「海賊以外の顔がある事の比喩」なのかもしれない。

今回は、シャンクスが海賊でありながら世界政府と通じている理由を考えてみたい。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
海賊シャンクスが世界政府と通じている理由

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.