やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

セダン不人気時代でも「バカッ速」なら別! 人気沸騰で中古価格高騰の「絶版セダン」3選

投稿日:

今なら間に合う中古車3大スポーツセダンとは

 昨今、日本でもセダン離れが叫ばれている。かつては乗用車の定番と言えば独立したトランクを備えたセダンだったが、2000年代に入ってすぐのミニバンブームに続き昨今はSUVの人気が急上昇中。さらに自動車販売の中心が軽自動車やコンパクトカーとなっていることもあり、セダンはますます肩身が狭くなるばかり。それに従い、国産メーカーが用意するセダンの車種も激減中という状況だ。

 しかし少し前まではセダンには多くの車種が展開され、なかには本格的なスポーツモデルまで用意されていた。そこで今回は、もう新車では買えないけれど、程度のいい中古車があるうちに手に入れておきたい3台の本格スポーツセダンに注目してみよう。

1)スバルWRX STI

 WRC(世界ラリー選手権)に参戦するために戦闘力を高めたベースモデルとして、小型セダンの「インプレッサ」の高性能仕様として1992年に登場。2014年にデビューした4世代目はさらなる高性能を求め、インプレッサから「WRX」として独立している。「WRX STI」のエンブレム

 基本的な車体設計はインプレッサと共通だが、独自デザインの範囲が増え、また走行性能も大きく引き上げられた。インプレッサ「WRX STI」の兄弟車「S4」

 そんなWRXには「FA20」と呼ばれる直噴エンジンにCVTを組みあわせた一般的なモデル「WRX S4」と、競技参戦まで視野に入れたより高性能仕様で308psの「EJ20」エンジンに6速MTを組み合わせた「WRX STI」が存在。「WRX STI」の水平対向EJ20エンジン

 前者は現時点(2020年9月1日)ではまだ購入できるものの、走りの性能に関してより本格派の後者はすでに新車で購入できない絶版モデルの仲間入りを果たしている。究極のスポーツセダン「WRX STI」

 そんな「WRX STI」の注目ポイントは、最後まで残った究極の国産スポーツセダンということ。残念ながらスバルはWRCから撤退したが、小さなボディに超高性能エンジンと戦闘力重視の4WDシステムを組み込んだパッケージは世界に誇れるものであり、セダンの究極の姿のひとつともいえる。インプレッサWRX STIのコクピット

2)シビックタイプR(FD)

 シビックの本流はハッチバックで、そのスポーツ性能を高めた究極の形である「シビックタイプR」も基本はハッチバックだ。そんななか、異色と言えるのが2007年にデビューした3代目だ。シビックタイプR

 日本からハッチバックのシビックが姿を消したという背景もあり、シビックタイプRとしてははじめてのセダンボディを採用。搭載するエンジンは排気量2.0Lの自然吸気で、最高出力225psを発生する回転数はなんと8000rpmという超高回転型。セダンタイプになったシビックタイプR

 しかしながら最高出力だけを高めるのではなく、それまでのシビックタイプRに比べて低中回転域のトルクも太くし、コーナー立ち上がりなどまで含めた総合的な速さに配慮した設計になっている。シビックタイプRのコクピット

 そんなシビックタイプRの真骨頂は鋭いハンドリングとコーナリングスピードの高さ。1200キロ台に収めた軽量かつ剛性バッチリの車体とハードなサスペンションの組み合わせによる旋回性能は、まさにセダンの形をしたスポーツカーだ。シビックタイプRのエンブレム

 販売終了から10年経つので程度のいい個体はどんどん減少中。いっぽうで価格は、10年前のモデルとは思えないほど高値安定を保っている。

元の投稿: Auto Messe Web
セダン不人気時代でも「バカッ速」なら別! 人気沸騰で中古価格高騰の「絶版セダン」3選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.