やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

世の中すべてが「新型レヴォーグ」になれば高齢者の事故もなくなる? アイサイトXの驚くべき機能とは

投稿日:

さらに「ぶつからないクルマ」へと進化

 新世代のアイサイトを搭載して10月15日、正式デビューを果たした新型レヴォーグ。その目玉はなんと言っても4世代目ともなる最新版「アイサイト」の搭載に尽きる。先行予約では半数以上がオプションの「アイサイトX」を装備していると伝えられており、ユーザーの新世代アイサイトに対する期待値が極めて高いことがうかがえるだろう。新世代のアイサイトを搭載する新型レヴォーグ

プリクラッシュブレーキの対応範囲が拡大

 新世代アイサイトは基本機能であるプリクラッシュブレーキに対する進化が著しい。プリクラッシュブレーキといえば大半は正面にある障害物への衝突を回避・軽減する機能を指すが、新世代アイサイトではそれに加えて「前側方プリクラッシュブレーキ」と「前側方警戒アシスト」を新たに搭載した。これが交差点をはじめとする出会い頭の衝突を未然に防いでくれるのだ。新型レヴォーグには「前側方プリクラッシュブレーキ」と「前側方警戒アシスト」を新たに搭載

 この実現は2つの新たな対応によってもたらされた。1つはアイサイトに装着したカメラの視野角拡大で、2つめは左右側方の障害物を捉える77GHzミリ波レーダーの追加による。カメラの視野角拡大と、左右側方の障害物を捉える77GHzミリ波レーダーが追加された

 この二重のサポートで側方より迫ってくるクルマを早期に捉えて警告。さらに衝突の可能性が高まっているにもかかわらず進行を続けると車両側が危険と判断して自動的にブレーキを作動させるのだ。この結果、交差する車両との衝突回避/軽減を行なうことが可能になる。「前側方プリクラッシュブレーキ」と「前側方警戒アシスト」で、自動的にブレーキを作動させる

元の投稿: Auto Messe Web
世の中すべてが「新型レヴォーグ」になれば高齢者の事故もなくなる? アイサイトXの驚くべき機能とは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.