やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

誰もやっていないセコイアだからこそ意味がある!

投稿日:

トヨタ セコイア Produced by EMMA

TOYOTA SEQUOIA Produced by EMMA

Powerful A-cars edition

+100mmのコンプリート

北米マーケットからの逆輸入である、堂々たるフルサイズSUVセコイア。それをさらに超ド級のワイドフェンダーでカスタムしたのがコチラ。生半可な気持ちでは乗れないが、ひとたび乗れば虜になるのは確実、唯一無二=カスタムカーの真髄を突くこの一台はボディも存在価値もデカい!

トヨタ最大級のSUVで提案するオーバーランダースタイル

その巨躯ゆえか、市街地ではあまり見かけることはないが、郊外に出ると意外な確率で遭遇するトヨタ・セコイア。フルサイズピックアップのタンドラと基本骨格を共有する、堂々たるトヨタ最大級のSUVである。もちろん北米仕様モデルを逆輸入することになるが、それをさらにヘビー級カスタムで仕上げたのがコチラ。

トヨタ セコイア Produced by EMMA

製作は埼玉県の「デイブレーク」。実は先行してローダウンカスタムもプロデュースしており、今回はリフトアップスタイルにも進出。2020年1月に開催された東京オートサロンに出展してデビューを飾ったばかりの個体である。カスタムの核となるのは、実に4インチワイドのオーバーフェンダーキット。それに見合うボリューム感をバンパーやタイヤ&ホイール、ヒッチメンバーなどで整え、3インチのリフトアップによってバランスよくフィニッシュ。日本ではよく目にするジェットスキーのトゥーイングから、海外で楽しまれているような本格的オーバーランダーツーリングまでこなせる戦力を備えているのが特徴だ。

20インチのタイヤ&ホイールから各部のマッチングペイント仕上げまで、コンプリート製作プランも明確に打ち出されており、自分だけのセコイアを仕上げることも簡単。それでは早速、その迫力極まるボディに散ったこだわりのディテールを見ていこう。


// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>


迫力のワンメイクフェンダー

片側につき約4インチのボリュームを誇るフェンダーは完全なるセコイア専用となり、ドアの開閉も問題なし。ヘッドライトはLEDのカスタムライトで今っぽさも倍増という逸品なり。

ゴールドを引き立てるブラックアウト

ファブリケート(板材からの製作)タイプのバンパーはアメリカに多く見られるライナー塗装仕上げ、その他各部もマットブラックで仕上げており、イベントでも通用するフィニッシュ。

王道にして永遠のスタンダード

KMCのロックスターXD811

無骨な5スポークが逞しいリムはKMCのロックスターXD811。タイヤは325/60-20サイズを履く。

トウ・ヒッチもCOOLに演出

鍛造アルミ製のBULL HITCHはヒッチボールの高さを5段階調整出来る構造。最大で5トン越えに耐え、強靭かつCOOLなルックスも魅力。

リフト時のマストアイテム

電動によるオート展開/格納が出来るサイドステップは家族の乗降に欠かせない心配り。もちろん人の重量などにはビクともしない。

 

SEQUOIA UP STYLE

カスタムヘッドライト(LEDバルブ含)

IRON BULLフロントバンパー

電動サイドステップ

Ready Liftリフトキット

タイヤ(ATTURO TRAIL BLADE BOSS 325×60 R20)

ホイール(XD811 Rockstar 20×10J)4本Set






問≫DAYBREAK

Tel.048-528-6511

day-break.biz

竹下進悟=文

山田泰弘=写真

 

4×4 CUSTOM BOOK

マガジンボックス


// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>


元の投稿: 車 カスタムカー, 改造車 専門WEBマガジン | tuners(チューナーズ)
誰もやっていないセコイアだからこそ意味がある!

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.