やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

冬キャンプは防寒対策が勝敗を分ける! 初心者がくじけないための方法5つ

投稿日:

「寒さ対策」の「必勝ポイント」とは

 初めての冬キャンプは不安がいっぱい。とくに「寒さ」が苦手な人は「テントの中では火を使えないし、この寝袋で対応できるのか」と心配だろう。

 冬キャンプではオープンタープをリビングとするよりも、シェルターとテントをぴったり連結させるか、広いリビングを持つ2ルームテントを使って冷たい風が入りにくいリビング&寝室を作るのが定番だ。このとき選びたいのが、裾にスカートという布が付いているテントやシェルター。スカート付きであれば冷気が隙間から入りづらいので冬キャンプ向きとされている。冬キャンプの寒さ対策ポイント

 とはいえ、冬用のテントを使っている=あたたかくて快適になるとは限らない。寒さへの備えは「いかに地面からの冷えを防ぐか」にあるのだから。

寒さ対策① 厚手シートの上にテント

 テントのグラウンドシートがペラペラの薄いものなら、冬は少し厚手のシートに変えて地面の冷えを遮断。地面からの湿気の影響を受けにくくする役割もある。使うのはブルーシートでいいが、雨や雪がシートとテントの間に入るとやっかいなのでテントのフライシートからはみ出さないようにすることがポイントだ。冬キャンプの寒さ対策ポイント

寒さ対策② テントマットとブランケットを重ねる

 夏キャンプならクッション性のあるテントマットを敷き詰め、寝るときにパーソナルマットを敷けばそれで準備完了だが、冬はこれだけでは寒い。

 断熱シート、テントマット、さらに全開にした夏用の封筒型寝袋や大判のブランケットなどを重ねてテントの床全体に幾重もの空気の層を作り、地面からの冷えを防ごう。中綿入りのテント用シューズを履いて立ったときに、冷たく感じなければ大丈夫。冬キャンプの寒さ対策ポイント

寒さ対策③ できればコットとマットを併用

 寝袋には「無理なく眠れる温度域」が示されているので、キャンプ場の最低気温に対応したものを選ぶわけだが、どんなに優秀な冬用寝袋であっても、体の重みで背中の中綿がつぶれて保温効果が薄れてしまう。断熱効果の高い厚みのあるマットと組み合わせることで背中の冷たさを和らげよう。

 気をつけたいのは厚み20cm程度のエアベッド。寝心地はいいのだがベッド内部の空気がなかなか暖まらず、考えている以上に寒い。空気だけが入っているエアベッドよりも、中にフォームが入った厚さ5〜10cmのインフレーターマットを選択したい。その上でコットと併用すると地面の冷えとは無縁だ。冬キャンプの寒さ対策ポイント

 もし薄手のインフレーターマットしかないなら、安い銀マットやウレタンマットでいいので重ねて使おう。

 ちなみにいくつかの山岳系ブランドのマットには「R値」や新規格である「ASTM FF3340-18」が記されており、これが断熱性のひとつの目安になる。どちらも「R」の後ろに数字をつけて記されており(数字が大きいほど断熱性が高い)、冬キャンプならR5以上はほしいところだ。

The post 冬キャンプは防寒対策が勝敗を分ける! 初心者がくじけないための方法5つ first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
冬キャンプは防寒対策が勝敗を分ける! 初心者がくじけないための方法5つ

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.