やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

本職

握りつぶそうとしたのは「用心棒代リスト」

投稿日:

>>関連記事
 名古屋地裁で22日に、愛知県暴力団排除条例違反に問われた特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下、「三代目高山組」若頭で、「三代目矢嶋総業」組長・石原道明被告(55)ら2人の初公判。

石原道明被告
石原道明被告

>>関連記事
 今回の事件は、貸金業法違反などの容疑で高山組幹部が逮捕されたことを受けて行われた高山組事務所の家宅捜索の際に、記録媒体が見つかったのが端緒となった。
 検察側は、捜索に立ち会った高山組幹部で「草川組」組長・草川洋明被告(44)が握りつぶそうとした記録媒体の中身を明らかにし、石原被告ら2人はいずれも起訴内容を認めた。

草川洋明容疑者
草川洋明被告

 記録媒体を巡っては、草川被告が捜索時に別の記録媒体をポーチごと握りつぶしたとして、証拠隠滅容疑で逮捕、起訴されている。草川被告が握りつぶそうとしてまで守ろうとしたのは、用心棒代を支払った店のリストだった。

 起訴状によると、石原被告らは5月9日と30日、名古屋市中区の路上で、同区錦3のクラブ店長から用心棒代として現金計6万円を受け取ったとされる。石原被告は公判で使途について「組の運営資金に充てていた」と述べた。

 検察側の冒頭陳述によると、かつては別の組幹部が用心棒代を回収していたが、警察の取り締まりが厳しさを増したため、2016年10月ごろから組員ではない会社役員の男性被告(43)=同県田原市=に回収を依頼するようになった。

 2019年10月、県警が組事務所を家宅捜索した際、USBメモリーを発見。「まちリスト」と題したエクセルデータが入っており、飲食店数百店の名前と業種、所在地、電話番号が記されていた。錦三のクラブの欄には、石原被告が組長を務める傘下組織と「石」という文字が記載されていた。

 クラブ関係者の供述調書によると「暴力団に用心棒をお願いし、見返りにお金を支払うことは常識だと思っていた」といい、売り上げ報告書には石原被告のイニシャルを取り「I様 3万円」と記入されていた。

元の投稿: 暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
握りつぶそうとしたのは「用心棒代リスト」

AD336

AD336

-本職
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.