やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

おでんの航海日誌に書かれている内容について

投稿日:

ヤマトが聖書(バイブル)として肌身離さず持っている「おでんの航海日誌」

8470.jpg

この中身には何が書かれているのか。

今回はその内容について、作中の描写を元に考えてみたい。

白ひげやロジャー達との旅の記録

おでんの航海日誌には、白ひげやロジャー達と旅した5年間の貴重な経験が記録されている。

作中のおでんの言葉より引用。

見た事もない世界だ!!

感じた事ねェ「寒さ」!! 「暑さ」!!

「植物」「動物」!! 「人類」「強さ」!! 「思考」!!

何もかも違って目からウロコが落ち続ける日々だ!!

全てが想像を超えて行く!!

おれは小さい!! 世界のほんの一部なんだ!!

これは、おでんが錦えもんと傳ジローと共にワノ国を漫遊している時からの習慣だ。

7922.jpg

海外の航海者達を真似したものだが、鎖国国家のワノ国においてはこれだけでも貴重な文献だ!

 

ラフテルで知った「世界の全て」?

そして最後の島「ラフテル」についても触れられていた。

――あの日 おれ達は世界の全てを知った――

“空白の100年”とは…!!

“Dの一族”とは…!!

「古代兵器」とは……!!

「ワノ国」はかつて世界と接していたのだ

本当にあった“莫大な宝”を目の前に…

ロジャーはあの時…笑ってた

おれ達もそうだ 涙が出る程笑った

“空白の100年”、“Dの一族”、「古代兵器」

これらについての詳細が書かれているかは分からないが、おでん達は「全て」を知った、と。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
おでんの航海日誌に書かれている内容について

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.