やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ペット

【犬飼いTIPS】愛犬の防音対策はしていますか?

投稿日:

飼い主とペットが快適な環境で幸せに暮らすためには、防音対策は大切なことのひとつです。近所迷惑になっていないかどうか気になることも多いことでしょう。戸建てで周囲にほかの住宅が少ない、ペット可の集合住宅で防音対策がなされている、周辺に理解のある人が住んでいるというなら問題は起こらないと思いますが、それでも100%騒音トラブルを起こさないとは限りません。今回は近所迷惑にならないための防音対策のお話です。

犬による騒音って?

室内で犬を飼っているときの騒音は、主に「鳴き声」と「足音」があげられます。なかでも「鳴き声」は騒音トラブルの最大の原因になっています。犬の鳴き声は90~100㏈ほどあり、それはピアノと同じくらいの音量があります。それが深夜や早朝に聞こえたとすると、相当な近所迷惑になることでしょう。例えば、集合住宅で1匹の犬が鳴き始めると、ほかの部屋の犬もその鳴き声に反応して鳴き始め、そのうち大合唱になることもあります。戸建てであっても隣の家と接している、あるいは近ければ、鳴き声が響いて聞こえることでしょう。

また、犬が歩くと爪の音がします。走ったりジャンプしたりすれば、その衝撃音が下の階まで届きます。集合住宅の場合は、つねに足音が聞こえる状態となり、下の階の住人は迷惑だと感じることでしょう。自分の犬の鳴き声や足音は気にならなくても、ほかの犬の鳴き声や足音は気になるという飼い主もじつは多いのです。

このような犬による騒音は、部屋にさまざまな工夫をすることで解消される場合があります。愛犬に吠え癖がある、やんちゃで室内でも走り回ってしまうという場合には、防音対策を考えてみるとよいでしょう。

室内での犬の騒音対策として考えられる方法は?

犬の鳴き声は、壁や窓などを通過して近隣住民の耳に届きます。しかし、壁を防音壁に変えるなど大がかりなリフォームは費用の負担も大きいですし、賃貸物件の場合にはそもそも無理があります。賃貸物件でも比較的手軽にできる「鳴き声」の対策は下記のものが考えられます。これらを併用することで、かなりの騒音対策になります。

①壁に吸音シートを貼る

【フェルトパネルタイプ】

 設置が簡単、見た目のキレイさなどを重要視する場合には、軽くて扱いやすい吸音フェルトボードがオススメです。壁の下地が石膏ボードであれば、穴が目立たない「虫ピン」で取り付けができます。人にとって不快とされる2000~4000㎐の周波数で約70~85%の吸音率を発揮するものもあります。

【突っ張り棒で固定するタイプ】

 壁に穴を開けたくない場合には、突っ張り棒で固定するタイプの防音シートがオススメです。厚みのある防音シートを壁に沿わせて立てかけて、さらに突っ張り棒で挟み込みます。防音シートの厚みや使用環境によっても変わってきますが、約15~20㏈減の効果があります。

【シールタイプ】

 さまざまなデザインがあるので、部屋の内装にこだわりたい場合にオススメです。ただ、薄いぶんだけ、ほかのタイプより防音性能は劣ります。剥がせる接着剤が使用されているタイプもあるので、賃貸物件にも使用可能です。ハサミやカッターで好みの大きさに簡単にカットできるので、かなり手軽です。

②窓に防音カーテンを付ける

 防音カーテンとは、「音を遮る(遮音)」「音を吸収する(吸音)」カーテンのことをいいます。音が通りにくい特殊な織り方や素材でつくられています。糸の密度が濃く、重たいカーテンほど防音効果が高まります。防音カーテンが妨げるのは、中高音域(人の話し声より少し高い音域)です。例えば、女性の声、映画の音、子犬の鳴き声、ピアノ等の楽器音、工事現場の騒音、電車・自動車の通過音などです。ただ、安価な防音カーテンはほとんど効果が得られないこともあるので、しっかりとリサーチしてから購入するようにしましょう。

③窓に内窓を付ける

 高い防音効果を求める場合には、「内窓」がオススメです。じつは、普通の窓を防音サッシに変更するよりも、内側に防音サッシを追加したほうがより効果が高いのです。工事も1時間程度で設置できます。賃貸物件でも簡易的に設置できるものもありますので、リフォーム会社に相談をしてみるとよいでしょう。

④扉を防音ドアにする

 壁や窓に防音対策をしても、残念ながらそれだけでは音漏れをしてしまいます。さらに防音効果を高めるには、扉を防音ドアにするとよいでしょう。音は振動により伝わるので、音を防ぐためには空気を完全に切り離し、構造物が振動しないようにする必要があります。防音ドアはドア枠とドアのすき間を埋めるためにゴムパッキンを使用しています。それでも100%の防音はできませんが、隙間をきちんと塞ぐことができれば苦情は避けられるでしょう。

⑤壁に防音塗料を塗る

 持ち家やDIY可能な賃貸物件の場合には、塗るだけで吸音できる防音塗料を壁に塗るのもオススメです。もともと、断熱材用に開発された塗料ですが、乾くと表面にセラミックビーズが浮き上がり、乱反射を起こして音が低減されます。例えば、表面厚0.8㎜でローラー塗布すると中高音域(人の話し声より少し高い音域)で8~10㏈の音を低減します。吸音材なので石膏ボード上のクロス仕上げの代わりにこの防音塗料を使用します。

⑥ペット用の防音室を用意する

 ネットで検索をすると、さまざまなサイズのペット用の防音室が販売されています。なかには楽器用の防音ルームと同じ性能を持ち、ドアを閉めると約30㏈の音をカットする能力があるものもあります。大きなサイズはそのなかで生活ができるように、エアコンや小型クーラー、携帯電話対応カメラなども付けられるタイプもあります。獣医師の協力を受けて、メンテナンス性や耐久性、安全性も保たれています。また、既存のケージの周りに設置できる比較的安価な防音室もあります。性能、価格等は製品により大きな違いがありますので、いろいろと調べてから納得のいくものを購入することをオススメします。

犬の足音の防音対策で考えられる方法は?

犬が部屋中を走り回ったり、ベッドやソファ、椅子など高所から飛び降りたりすると、階下に大きな音が響くことがあります。持ち家の場合には気にならないかもしれませんが、足音や着地音は、鳴き声とは違い、階下の住人には何の音なのかわかりにくく、より不快感が高まる可能性があるのです。そのため、床の防音対策は壁以上に配慮が必要となります。大型犬や多頭飼育の場合は、そのぶんだけ騒音が大きくなりますので、より配慮が必要です。手軽にできる「足音」の対策は下記のものが考えられます。これらを併用することで、かなりの騒音対策になります。

①床にジョイントマットやコルクマットを敷く

 小型犬などの軽い足音であれば、ジョイントマットやコルクマットが効果的です。厚み、大きさ、カラーなどの種類も豊富で、お部屋の雰囲気に合わせられるなどインテリア性にも優れています。価格も手ごろで、簡単に設置できるので試してみる価値があります。ただ、大型犬などが高いところから飛び降りるなど、重量のある衝撃音まで消すことはできません。その場合は、ほかの方法と併用するとよいでしょう。

②床に遮音カーペットを敷く

 遮音カーペットは床に敷くだけで、階下に響く音を緩和させることができます。カーペットにマットやウレタンが貼られているので、遮音性の優れたものであれば、階下の人がほとんど気配を感じないレベルまで音を遮ることができるのです。部分的に敷くよりも全体的に敷いたほうがより防音性は高まります。厚み1㎝程度が遮音カーペットの主流ですが、より防音性の高い2倍の極厚タイプも販売されています。性能や価格は製品により違いますので、いろいろと調べてから納得のいくものを購入することをオススメします。

③床を遮音フローリングに変える

 持ち家やDIY可能な賃貸物件の場合は、遮音フローリングに変えるのもひとつの方法です。フローリングの下にクッション性の遮音材が組み込まれているので、ふかふかした感触や柔らかさが特徴です。床全体に遮音性を持たせることができます。ただ、ある程度の費用がかかります。

まとめ

前述した防音対策をしても、騒音を100%なくすことは難しいものです。まず、しっかりと「しつけ」をして無駄吠えをさせないこと。また、散歩など十分な運動をして、室内ではなるべく落ち着いて過ごせるようにストレスを発散させてあげることが大切です。それらが一番の防音対策であり、近隣住民へ対する最低限のマナーであることを心得ておく必要があるでしょう。


※留守番中に愛犬が鳴き続けている場合もあります。飼い主が気づいていない騒音もありますので、留守が多い場合にはカメラなどを設置して愛犬の様子を観察することも防音対策のひとつです。

The post 【犬飼いTIPS】愛犬の防音対策はしていますか? first appeared on ペトハピ | 犬や猫との健全で幸せな暮らしを提案.
元の投稿: 犬や猫とハッピーに暮らすための情報と最新ペットニュース - ペトハピ [Pet×Happy]
【犬飼いTIPS】愛犬の防音対策はしていますか?

AD336

AD336

-ペット
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.