やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

光月おでんは生きていた!? 本物か偽物か…その正体を考える

投稿日:

第1007話“たぬきさん”のラスト、赤鞘九人男の目の前にまさかの人物が登場した。

それは20年前に死んだ筈の「光月おでん」!!

9158.jpg

「会いたかったぞ!!!」

「ずいぶん歳を取ったな!! わはははは!!」

この言動、姿形から「20年前の光月おでん」と思われる。

処刑前に手放した“閻魔”や“天羽々斬”を携えてないのもリアル。

(※単純な過去のおでんの偽物なら、象徴となる大刀二本も模倣する筈?)

このおでんは本物?もしくは偽物?

今回はこの件について考えてみたい。

 

このおでんが本物の可能性はある?

冒頭に書いた様に、この絵だけを見たら本物のおでんと相違ない。

仮にこのおでんが“本物”なら、20年前死なずに時を超えて現代にやってきたって事になるよね。

尾田先生は死んだキャラを生き返らせる事はしないから。

でも「実は生きてました」パターンはやらない気がするんだよね。

おでんが20年前のあの日に死んだからこそ現在の物語があるワケで。

「実は生きてました」だと赤鞘達の討ち入りやモモの決意が薄くなっちゃう…

それでも仮に“本物”という可能性があるなら…

ホログラム&精神転送能力 or 憑依や記憶を甦らせる能力??

そうなると錦えもん達を看病したあのシルエットの人物…「トキ」の可能性も出てきたかな。

ただ河松の反応的には、「日和」の方がしっくりくる気もするけど。

9159.jpg

「そんな筈はない」ってのは、「生きてる筈がない」より「この場(鬼ヶ島)にいる筈がない」ってくらいのリアクションに感じた。

では次に、このおでんが“偽物”であると仮定して、その正体を考えてみたい。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
光月おでんは生きていた!? 本物か偽物か…その正体を考える

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.