やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ペット

アニコム、ペットにかける年間支出調査2020年版を発表

投稿日:

アニコム損害保険は、ペット保険契約者3000名以上から得られた回答をもとに、2020年の1年間にペットにかけた年間支出費用を発表しました。2020年は新型コロナウィルスの影響で例年とは少し違った一年でしたが、その影響もうかがえる結果となっています。

犬・猫それぞれについて、病気の治療費やフード代、トリミング料といった各項目にかかる費用を調べたところ、犬では33万8561円(前年比110.4%)、猫では16万4835円(前年比103.9%)と犬猫ともに昨年よりやや増加しました。合計額は前年から大きな変動はなく、最大の支出項目は、犬猫ともに「フード・おやつ」でした。

調査結果のハイライトとして、犬猫ともに「ケガや病気の治療費」の増加があります。家で一緒に過ごす時間が増えたことから、ペットの些細な変化に気づき、病院に連れていくことが多くなった結果といえるかもしれません。また、減少した項目は「ペットホテル・ペットシッター」で、前年の半分以下となっています。外出自粛により旅行などに行けなかった人が多かったことがうかがえます。

犬の大きさ別に支出した費用を見てみると、基本的には大きさに準じてそれぞれの費用も高くなっています。特に、「フード・おやつ」では、大型犬は小型犬の3倍ほどで、体の大きさに比例して支出も大きくなっています。また、「しつけ・トレーニング」にかける金額も、体の大きさに準じた結果となっています。
反した結果となったのは、「洋服」で小型犬がもっとも高く、大型犬がもっとも低い結果となりました。また、中型犬がもっとも多い支出となった項目は、「病気やケガの治療費」でした。

自分自身よりも、ペットに費用をかけている項目を聞いたところ、32.9%が「美容院(理髪店)」、続いて30.8%が「医療費」と回答しました。その理由には「自分は2~3ヶ月に1回だが、愛犬は月1でトリミング。」「美容院代は犬の方が高い。」「健康を保つ上で、トリミングも必要不可欠。医療も人とは違い、様子見ができないため。」「こまめに健康診断をし、軽度の異常でも積極的な治療を行なっているから。」などが挙げられていました。そのほかにも、「できることは全てしてあげたい。」「少しでも長く一緒にいたいから。」といった愛のある回答が多く寄せられました。

今年2021年の費用は「変わらない見込み」と答えた人が約半数、続いて多かったのが「増える見込み」で約3割でした。増えそうと答えた飼い主からは「コロナが落ち着けば一緒に旅行に行きたい」や「コロナが落ち着けばイベント参加や旅行ができると思われるため」といった声が寄せられていました。

2020年は合計額自体に大きな変動はなかったものの、その内訳に変化が見られた一年でした。コロナ禍で、私たちの生活の変化に伴い、一緒に暮らすペットたちとの向き合い方も変わったことが見られる結果といえるのではないでしょうか。

The post アニコム、ペットにかける年間支出調査2020年版を発表 first appeared on ペトハピ | 犬や猫との健全で幸せな暮らしを提案.
元の投稿: 犬や猫とハッピーに暮らすための情報と最新ペットニュース - ペトハピ [Pet×Happy]
アニコム、ペットにかける年間支出調査2020年版を発表

AD336

AD336

-ペット
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.