やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「アクセル吹かしてエンジン停止」「長時間のアイドリング」! 半ば常識の「旧車の儀式」って本当に意味あるの?

投稿日:

儀式化した旧車を労るテクニックは本当に有効なのか?

 このところ旧車界隈が元気だ。かつてはハードルの高い趣味というイメージも強かったが、芸能人がYouTubeで旧車を愛でている様子を見せるコンテンツを多く公開していることも影響しているのだろう。気軽に旧車を楽しめるという雰囲気が広がっている。エビデンス不明な旧車のあるある儀式

 そして、旧車趣味にハマっていくなら独自の儀式、いや今風に言うならルーティンを身につけるのも楽しみのひとつだ。とはいえ、本当に意味があるの? と思うようなルーティンが広まっていることもある。その代表格が「長すぎるアイドリング」だ。

長時間のアイドリングは百害あって一利なし

 たしかに燃料供給装置がキャブの時代の旧車であれば、アイドリングが落ち着くくらいまでは走り出さないほうが運転しやすいが、しっかりと水温が上がるまでアイドリングで暖める必要はない。エンジンをきちんと暖めないと機械が傷むと思いがちだが、アイドリングというのは回転数が低く、吸気経路も絞った状態のためエンジンの負担が大きい。その状態で長時間放置するというのは愛車を守っているようで、逆の行為だ。エビデンス不明な旧車のあるある儀式

 さらにいえば、旧車はアイドリングでの排気音やエンジンノイズも大きく、周囲の人にネガティブな感情を起こさせてしまう。旧車を思う存分楽しむためには社会が受容してくれる状況をつくることも重要で、その意味でもアイドリングが落ち着いたら、スッと走り出して、エンジン回転を不要に上げないように走って暖機をすすめるほうがスマートだ。エビデンス不明な旧車のあるある儀式

 またネオヒス(ネオヒストリック)ではターボエンジンを積んでいることが多く、そうなるとアフターアイドリングをするオーナーも多い。たしかに当時モノのターボチャージャーを守るにはエンジンをすぐに切らず、しばらくアイドリングしてターボチャージャーのシャフト部分を十分に冷やし、潤滑している状態にしたい気持ちは理解できる。エビデンス不明な旧車のあるある儀式

 ただし、1980年代後半から90年代のターボエンジンであれば、さほどアフターアイドリングは必要ない。こちらも近所の人にイヤな目で見られるリスクがある。ギリギリまで全開で走っているのであればまだしも、街乗りレベルの走りであれば、さっとエンジンを切るようにしたい。エビデンス不明な旧車のあるある儀式

 いずれにしても旧車やネオヒス系のクルマはオルタネーターなどの発電装置の性能が弱っていることが多く、長時間のアイドリングはバッテリーからの持ち出しになってしまう。つまりバッテリーを傷めることにもなりかねない。とくにかく百害あって一利なしなのだ。

エンジンを切る直前にアクセルを吹かす意味は?

 さて、エンジンを切るときに「ブォン」と一度吹かしてからキーをオフにするというのをルーティン化している人も多い。こちらは、はっきり言ってなんの意味もない。エビデンス不明な旧車のあるある儀式

 なんとなくマフラー内にたまった水分が一気に飛んで行ったり、はたまたシリンダー内の生ガスが飛んでいったりするようなイメージはあるが、そんなことはない。よくよく考えればわかるように吹かしたときにシリンダー内に吸い込んだ混合気が残ってしまうリスクのほうが大きかったりする。もっとも、よほど熱価が高いプラグを使っていてかぶりやすいセッティングでない限りは、生ガス云々を心配する必要もない。完全に無駄な行為だ。エビデンス不明な旧車のあるある儀式

 なんとなく気分がいいというくらいで、エンジンオフ前の空吹かしがクセになっているのであれば、早めに止めたほうがいい。昭和の伝統を無理に受け継ぐ必要はない。

The post 「アクセル吹かしてエンジン停止」「長時間のアイドリング」! 半ば常識の「旧車の儀式」って本当に意味あるの? first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
「アクセル吹かしてエンジン停止」「長時間のアイドリング」! 半ば常識の「旧車の儀式」って本当に意味あるの?

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.