やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

夏キャンプの睡眠環境が劇的改善! とっても重宝する簡易ベッド「コット」の賢い選び方

投稿日:

便利なコット(簡易ベッド)は種類も使い道もいろいろ

 暑さで体力が奪われがちな夏は、屋外で遊ぶにも運転するにも良質な睡眠が欠かせない。通気性がよく、背中が蒸れない「コット」(簡易ベッド)は、夏キャンプの睡眠環境を向上させる役立ちアイテムだ。

  かつては重く、組み立てに力が必要なものが多かったが、近年は軽量なうえにタフで組み立て・撤収も楽なものが増えた。幅や高さ、生地の張り具合などバリエーションが増え、さらに販売価格もこなれてきた。マストアイテムではないものの、クルマでキャンプに出かける際には気兼ねなく運べるので、取り入れるようになったキャンパーは多い。どんな利用の仕方があるのかなど、お伝えしよう。

 

まずはコットの種類をおさらい

 キャンプ場でよく見かけるコットたち。使い勝手は構造ごとに異なる特色もあるので、まずは種類をあげてみよう。

●脚とフレームが連結した標準タイプ

 あらかじめ生地が通っているフレームと脚が金具で接続されていて、脚を広げた後に短辺側のテンションをかける伝統的なコットがある。高さは50cm程度で、張りのある生地が心地いい。脚とフレームが連結しているコット フレーム素材は木やスチール、アルミなどさまざまだが直線で構成されており極太。そのため、重量は8〜10kg程度という重量級だ。さらに昔ながらの最後に短辺側フレームを差し込むものは、なかなかの力が必要だ。

 とはいえ耐荷重は抜群でその無骨なデザインと相まって根強い人気がある。近年はレバーやプッシュボタンなどを採用した、組み立てが楽なコットも登場している。

●中央収束式

 収束式のため、面倒な組み立て・撤収は不要。「バイヤーイージーコット」の高さは前述のコットと同じ40〜50cm程度だが、その構造から張りは少なく、包まれるようなイメージ。中央収束式構造のコット

 耐荷重は149kg。広げたサイズは200cm80cmほどだが、折りたたんでの持ち運びが便利。折りたたんだコット

●レバーで脚を取り付ける軽量タイプ

 写真は、現在人気のレバーで簡単に脚を取り付けられるコット。高さは20cm程度のローコットが基本で、脚を接続したり脚の取り付け位置を変えたりすることで高さが変わるものが多い。脚取り付けのコット 生地両側にフレームを通し、脚を添えたらレバーを押し込むだけでよく、力の弱い人でも簡単に組み立てられる。重量も軽く、2〜3kg程度。バックパックに入れて持ち運ぶことも可能だ。コットに脚を取り付けるレバー

●コの字脚タイプ

 こちらは両サイドのフレームにコの字状の脚を押し込むローコット、高さは20cmほど。軽く、接地面積が広くフラット面なら安定感がある。反面、河川敷などデコボコした地面ではガタつくこともあるけれど、国内のキャンプサイトであればまず困ることはないだろう。コの字脚コット

使う場所を考えてコットを選ぼう

●テント内で使う場合

 コットの高さは40〜50cmのハイコットと、高さ20cm程度のローコットがある。通常、テントは上部ほど空間が狭くなるので、コットが高いほど中央寄りに置く必要がある。このためテントの床面積だけでは2台、3台入れられる計算でも実際には入らないことがあるし、テントの中でコットとコットの間に通路もほしいものだ。

 そう考えると、1〜2人用の比較的背の低いテントであればローコット一択となる。3人用以上の広いテントでも複数台を入れるというのであれば、ローコットのほうがテント内空間の圧迫感は少ないだろう。だが、ハイコットのほうが立ち上がるのが楽という側面もある。どちらを優先させるのか、よく考えてセレクトしよう。テント内コット ちなみに、ローコットでも下の空間を利用し着替え程度なら収納しておけるので、2泊、3泊と同じ場所で過ごす場合もテント内をスッキリさせることができる。また昼間、メッシュパネルにすると外から寝室が見えることにはなるけれど、置かれているものが見苦しくならないのはありがたい。

 テント内にコットを入れるときは、脚部にかかる荷重などでテント内の下地マットなどに傷を作らないように注意しよう。テントの下にグラウンドシート、テント内ではコットの下に厚手の敷物、ラグなどを敷いて保護したいものだ。ノーガードのままコットを置くと、外部地面にある石や木と脚の先端がこすれて、フロアに穴があくことも。また、脚先端が細いコットは、テント内に敷いたマットを傷つけることもあるので緩衝するものを挟むなど、注意しよう。

●車内で使う場合

 ハイエースなどラゲッジが大きなクルマであれば、コットを入れて車中泊というテもある。ラゲッジの床にそのままコットをのせられるのならいいが、シートを倒してその上に載せるといった場合には、やはりシートを傷つけないよう養生用のマットなどをあいだに敷いてかませるなどし保護しておこう。

●フロアレステントで眠る場合

 スクリーンタープやカーサイドテントといったフロアレステントなど地面に直接コットを置く場合は、ハイコットのほうが埃っぽく感じず快適だろう。また、ローコットは端のほうに座ったり手をついたりするとバランスを崩してひっくり返りそうになることもあるが、ハイコットのほうは安定感がある。ハイコット またハイコットの高さ40〜50cmは、チェアとして最適な高さ。日中はベンチ代わりに使えるし、何よりもベンチに腰掛けるのも、朝起きるのも楽なのがいい。

 フロアレステント内にハイコットを置くと狭く感じるかもしれない。だが、チェアの数を減らせばいいし、使わないものをコット下に置くなどすれば、それほど暑苦しさを感じないテント内を捻出できるだろう。フロアレステント内コット

 

The post 夏キャンプの睡眠環境が劇的改善! とっても重宝する簡易ベッド「コット」の賢い選び方 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
夏キャンプの睡眠環境が劇的改善! とっても重宝する簡易ベッド「コット」の賢い選び方

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.