やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「ベースは、え、MR-S!?」レプリカと言うには完成度が高すぎる「トヨタ・カウンタックLP500」

投稿日:

スーパーカーブーム全盛時に一世を風靡したコンセプトカーLP500

 キング・オブ・スーパーカーとして名高いランボルギーニ・カウンタックの歴史は、いまからちょうど50年前の1971年にスタートした。同年3月に開催されたジュネーブ・モーターショーにおいて、カウンタック LP500が初公開されたのだ。1971年にジュネーブショーで登場したランボルギーニ・カウンタックLP500

 カロッツェリア・ベルトーネのブースに展示されたイエローのプロトタイプは、その後、市販に向けたテストカーとして使われ、最終的にはクラッシュテストに使用されて神去ることとなった。唯一無二のショーカーがコンクリートの壁にクラッシュして消失したエピソードは、いまなおスーパーカー好きの間で語り草となっている。

 ファンが多いクルマだけに、LP500ならではの近未来的なウェッジシェイプを細部に至るまで再現した走行可能なレプリカ(とあるクルマ好きの並々ならぬ熱意によって誕生)が存在している。今回、そのディテールを確認してきた。見れば見るほどスーパーカー熱が再燃するだろう。トヨタMR-Sをベースにランボルギーニ・カウンタックLP500を作ったオーナー

文房具屋にあったストラトス・ゼロのシールがきっかけでウェッジシェイプ好きに

 ランボルギーニ・カウンタックLP500のレプリカを愛用しているシンジさんは、1966年(昭和41年)生まれで、現在54歳。スーパーカーブームのときはイエローのランボルギーニ・カウンタックLP400が好きだった。それはちょうどカウンタック LP400Sが出た頃の話で、シンジさんが小学校5年生ぐらいの出来事だった。

 ちなみに、ウェッジシェイプが好きになったきっかけはストラトス ゼロのシールが文房具屋にあり、それを買ったときからとのこと。ボディカラーはグリーンで、このときに買ったシールを今も大切に持っている。幼少期に売っていたというランチア・ストラトスゼロのシール

 これを原体験とし、ウェッジシェイプが好きになったのだという。ほかにもストラトス ゼロのほか、マセラティ・ブーメラン、アルファロメオ・カラーボなども好きだった。

 しかし、映画「スター・ウォーズ」が6年生のときに公開され、SF好きになったシンジさんは、一時的にクルマから気持ちが少し離れたという。

スーパーカー繋がりでベルトーネが手がけたシトロエンも所有

 時は流れ、1987年の第27回東京モーターショーでトヨタAXV-II(のちのセラ)、2年後の第28回東京モーターショーでマツダAZ550スポーツ(のちのAZ-1)が発表され、シンジさんはAZ-1の発売を待って1992年に新車で購入。このときに買ったブルーのAZ-1を現在も所有しており、セラのほうは軍資金がなくて買えなかったので、いまでも欲しいと思っていると話す。新車で購入されたオートザムAZ-1

 そして、当時はマツダ系の販売チャンネルであるユーノス店でシトロエンを売っていた時期だった。シンジさんはカウンタックをデザインしたイタリアのカロッツェリア・ベルトーネが外装の意匠を手がけたXMのことも気になっていた。ガンディーニがデザインをしたシトロエンXM

 シトロエンXMの新車は高価だったこともあり購入せず、1997年にユーズドカーを40万円で購入。心底惚れてしまったXMはユーズドカーを3台乗り継いできている。

 1台目は1990年式(40万円/ヤフオク!で売却)、2台目は1995年式(90万円/ヤフオク!で購入)、3台目は2000年式(75万円)という流れで、前期、中期、後期と一連のシリーズに乗ってきたのだ。ヘッドライトに6灯キットを装着した2000年式は現在も愛用している1台。ヘッドライトに6灯キットを装着したシトロエンXM

 イエローが好きなので、現在愛用しているヤマハVMAX1200とホンダ・マグナ50に関しては、 LP500のレプリカと同じように車体色がイエローなのだという。

The post 「ベースは、え、MR-S!?」レプリカと言うには完成度が高すぎる「トヨタ・カウンタックLP500」 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
「ベースは、え、MR-S!?」レプリカと言うには完成度が高すぎる「トヨタ・カウンタックLP500」

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.