やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

今、GT-Rが狙われている! 巧妙な窃盗団を撃退する「最終手段」とは何か

投稿日:

GT-Rだけじゃない! 希少車も油断大敵!

 純正部品の製造廃止、経年劣化、25年ルールを含めた海外への流出。R32、R33、R34スカイラインGT-R、いわゆる「第2世代GT-R」を取り巻く環境は年々厳しくなっている。さらに一時は沈静化したかのように見えた「車両盗難」のリスクも高まる一方だ。盗難に関してはGT-Rだけではない。希少性の高いスポーツモデルや高級車も同じ危機にさらされている。そこで盗難の現状と効果的な対策について、カーセキュリティのプロに教えていただいた。

Rなど希少モデルや高級車がピンポイントで狙われる

 新車価格を上まわるのは当たり前。個体によっては新車の何倍もの値が付けらるようになった第2世代GT-R。そうなれば裏社会では「盗む価値のあるモノ」としてGT-Rがターゲットになり、車両盗難のリスクが高くなる。もともとGT-Rは窃盗犯に狙われやすいクルマではあったが、、それにも増してここ最近、ニュースやSNSで「Rが盗まれた」という情報を、目や耳にする機会が増えているのではないだろうか。実際、被害に怯えているRオーナーが多いのも事実だ。

GT-Rを中心とする車両窃盗の最新事情と対策について

 では車両盗難の実状はどうなのか。その防衛策とは? カーセキュリティのプロに話を聞いた。まず訪れたのは、カーセキュリティメーカーである加藤電機の直営店「セキュリティラウンジ名古屋」。店長の丸山武志氏に、最近の車両盗難事件の傾向などを聞いてみた。

GT-Rを中心とする車両窃盗の最新事情と対策について

「全体的に見ると盗難件数は減少傾向にあると言われていますが、高級車が被害に遭うケースはむしろ増えています。高級車や希少車を除き、かつては犯人側がそこまで狙う車種を厳選していませんでしたが、現在はかなりピンポイントで狙いを定めて犯行に及んでいます。高く売れるクルマだけに絞り、金銭的な効率を重視しているのでしょう。純正のイモビライザーが付いているからと安心しているユーザーさんもいますが、イモビライザーが装着されていても安心はできません。犯人が盗もうと思えば簡単に盗むことができます」。

バラバラにして売るから手荒な手口が増えている

 そして犯人側が盗む際の手口や盗んだ車両の捌き方も、以前とはかなり異なってきているという。「例えば第2世代GT-Rのようなパーツだけでも高価な車種の場合、盗んだクルマはバラバラに解体され、部品ごとに海外へ売り飛ばされてしまいます。1台のクルマをそのまま売るより、何点ものパーツとして売ったほうが高額になり、輸出もしやすいのでしょう。そのため、犯人側としてはある程度クルマに傷が付いても問題なく、盗む時の手口もかなり荒っぽくなっています。多少壊れてでも盗めればいい、と思っているのでしょう。未遂で済んだとしても、クルマはボロボロというケースも少なくありません」と丸山店長。GT-Rで狙われる主なポイントを上げてみよう。セキュリティを警戒してバッテリーにアクセスするボンネットのこじ開け、キーシリンダーの直結、一発で解除可能なワイヤー式サイドブレーキ、トランクの鍵穴からキーを複製(R32とR33の場合)だ。

GT-Rを中心とする車両窃盗の最新事情と対策について

 盗難被害に遭わないためには、後付けのセキュリティシステムで防犯性能を高めることが必須となるが、その前に愛車の弱点を把握しておくことが大切。特に第2世代Rはもっとも年式の新しいR34でも20年近くも前の防犯性であり、R32やR33に関しては純正イモビライザーさえ付いていない車両だ。さすがに何の防犯対策も施していないオーナーはいないだろうが、あらてめてGT-Rの狙われるポイントや被害例などを把握しておこう。ちなみにR35はイモビライザー付きだが、これも油断大敵。プロにかかれば簡単に解読できてしまう。さらに少し前に話題になった「リレーアタック」についても、対策の必要がある。セキュリティのプロショップを訪ねるなどして、現状と対策について今一度しっかり検討してほしい。

GT-Rを中心とする車両窃盗の最新事情と対策について

後付けセキュリティはプロが施工してこそ意味がある

 愛車を盗難被害から守る上で、後付けのカーセキュリティは心強い味方となる。よほど鉄壁な警備体制が敷かれた駐車場にしか駐めないのであれば話は別だが、なんの対策なしでは「どうぞ盗んでください」とアピールしているも同然だ。現状、大概のGT-Rオーナーは、すでにセキュリティを組んでいるだろうが、時代とともに機能は進化しており、数年前に装着したシステムを見直してみることも安心感の向上に繋がるはず。仮にまだなにも対策を施していないのであれば、今すぐにでも検討してほしいと思うほど、GT-Rは狙われる車種なのだ。

GT-Rを中心とする車両窃盗の最新事情と対策について

 とはいえカーセキュリティは、プロがインストールして初めて効果を発揮する。センサーの種類や強化するポイント、誤作動防止のコツなど、蓄積されたノウハウやスキルがあって、はじめて機能するアイテムなのである。闇雲に商品を探し、素人が取り付けたところで、まったく意味がない可能性は十分にある。

GT-Rを中心とする車両窃盗の最新事情と対策についてだからこそ、まずは信頼できるお店でプロの助言を仰ぎ、車両や自身の行動パターン、駐車環境など、さまざまな条件を加味した万全のシステムを構築してもらいたい。ともかくカーセキュリティとは、個々の車両に合わせてオーダーメイド感覚で仕上げていくモノ。最近ではスマホによる遠隔操作、ドラレコ連動型システムなど、一歩進んだ便利なアイテムも登場しているので、まずはプロに相談するのが一番だ。

GT-Rを中心とする車両窃盗の最新事情と対策について

The post 今、GT-Rが狙われている! 巧妙な窃盗団を撃退する「最終手段」とは何か first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
今、GT-Rが狙われている! 巧妙な窃盗団を撃退する「最終手段」とは何か

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.