やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

メーカー直系ブランドなのに攻め過ぎ! 型破り過ぎた「超希少コンプリートカー」4選

投稿日:

ルックスも個性的に仕立てられている!

 カスタマイズというとアフターメーカーというイメージが強いかもしれないが、メーカー直系のブランドが手がけたレアなカスタムカーもいくつかある。そのなかから、結構“攻めていた”クルマを4台ピックアップしてみよう。

モデリスタ・カセルタ

 カセルタは、2000年にモデリスタ(現トヨタカスタマイジング&ディベロップメント)の創立3周年を記念して150台限定で発表されたコンプリートカー。ベースはトヨタMR-Sで、なんとなくフェラーリの360モデナなどに通じるイタリアンテイストのデザインに仕上がっている。

カセルタのフロント

 トヨタのMR-Sの製造ラインからシャーシとボディの一部を抜いて、カーボンのボディパネルを手作業で組み付けた贅沢な一台。外装だけカスタマイズした標準車が350万円、本革シートなどインテリアまでコーディネートしたラグジュアリー仕様が388万円だった。

カセルタのリヤ

 2001年に登場した同じMR-Sベースの「VM180ザガート」は、このカセルタの弟分的存在。ちなみにカセルタとは、18世紀に建立されたイタリア南部の王宮からのネーミング。

日産マーチ・ボレロA30

「スカイラインの父」=故・櫻井眞一郎氏が初代社長となって設立された日産グループの特装車メーカーであるオーテックジャパン。その創立30周年記念に、2016年に30台限定で企画/製作/販売されたのが、マーチ ボレロA30だ。

ボレロA30の走り

 開発のテーマは“笑顔”で、このクルマを見たとき、乗ったとき、思い出したとき、一人ひとりが笑顔になれるというのがコンセプト。エンジンはハンドビルド(手組み)で、7100rpmまで回るHR16DEを搭載(専用のカム、クランク、コンロッドを使用)。

A30のエンジン

 90mmワイドトレッド化した専用ワイドボディで、専用サスやボディ補強でチューニング。ただしサーキット志向ではなく、普段使いで楽しめる=笑顔になれるセッティングとなっている。356万4000円だったが、30台の限定車はアッという間に完売した。

A30のリヤ

The post メーカー直系ブランドなのに攻め過ぎ! 型破り過ぎた「超希少コンプリートカー」4選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
メーカー直系ブランドなのに攻め過ぎ! 型破り過ぎた「超希少コンプリートカー」4選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.