やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

軽カー史上もっとも背高ノッポなのに! あえて「シャコタン」「顔面整形」の「ミラウォークスルーバン」

投稿日:

顔面はミラ、ボディはパネルバンの変わり種

 全国の軽自動車(以下Kカー)ファンが「これだけは毎年参加する」と声を上げるオンリーKなイベントが岡山国際サーキットで開催される「KING OF K-CAR(9月26日開催予定)」と、今回潜入した「KING OF K-CAR Meeting」だ。前者はドレスアップコンテスト形式のハイエンドだが、後者はオフ会で何でもありのユル系。300台オーバーのバラエティ豊かなカスタマイズカーが揃う会場でダイハツ・ミラの顔に特装車であるパネルバンのボディをドッキングした何とも変わり種な1台を発見! 果たしてこのクルマの正体は?シャコタンのミラウォークスルーバン

 

集配業務の効率化を突き詰めた特装車。その歴史は古く、1984年の初代ミラで登場

 日本独自の規格である軽自動車。現在は衝突安全を含む法基準によってボディ形状のバリエーションは少なくなっているが、ひと昔前は個性的で、特殊なスタイルを持つクルマが数多く誕生した。中でもフェローバギーやバモスホンダと並ぶサブカルKとして挙げられるのが、今回紹介するダイハツ・ミラウォークスルーバンだ。

 ウォークスルーバンはその名前のとおり、運転席と荷室の間をクルマから降りることなく行き来でき、荷室で立ったたまま作業できる構造を持つ集配業務向けのクルマ。もともと普通車でラインアップされていたが、日本の地方にいまだ多い道幅の狭いエリアで活躍できるクルマとしてウォークスルーバンのパッケージを1984年、ミラに取り込んだのがその始まり。ただし、軽自動車の全高は2m以下と決まっているため、室内高は1495mm止まり。荷室で立ったまま作業するまでには至らなかったが、それでも使い勝手は飛躍的に高まった。ダイハツ・ミラ

 

特殊な製造工程を経るため、新車販売時から車検証には「改」のマークが入る

 運転席のドアは通常のミラと同じヒンジ式(ドアのないモデルも存在)だが、助手席は荷物の出し入れを考えてバスなどと同じ内開きの折戸式を採用。リヤハッチは一般的な跳ね上げ式の他に助手席ドアと同じ内開きの折戸式+外開きドアも設定されていた。荷室のは積載性を考えたバリアフリー感覚のフラットフロアで、シートは補助の折り畳み式シートはあるものの、事実上1シーターとなるなど、かなり特化した作りとなっていた。

 ちなみに手作業を含めて特殊な製造工程が必要であるためライン生産ができず、荒川車体工業(現・トヨタ車体。ランドクルーザー40のボディ製造と車体組み立てを担当したことで有名)が生産を請け負い、改造申請の届け出をした上で納車となったため、車検証は新車からマル改扱いだ。また、軽史上もっともハイトなクルマ(1940mm)でもある。

丸みのあるミラ・クラシックの顔面総移植でさらに個性が際立つルックスに!

 前置きが長くなったが、会場で見つけたウォークスルーバンである。広島県のTさんが所有するのは3代目のL200型で、カスタムの主流である顔面整形仕様。L200系とL500系(4代目)の相互移植はもちろん、派生車(オプティ、クラシック、TR-XXなど)の移植が定番で、クラシックミニのフェイスをスワップするキットなど多彩な中からミラ・クラシックフェイスを選択。ダイハツ・ミラウォークスルーバン 大きな箱の前面に丸みが強い顔がちょこんと付いた姿は甲羅から頭を出す亀のようでじつに愛らしい。純正ウィンカーの位置にフォグをON、ウィンカーはヘッドライト下に内臓し、純正とは異なるなんともとぼけた表情を見せる。

 ボディはリペアを兼ねて落ち着きのあるベージュに全塗装。レオンの車高調でローダウンし、ヤングタイマーに人気のSSR Mk1をセット。乗り味を損なわずに低く見せるようにゴムのフロントアンダーと塩ビパイプをアイアン塗装したサイドバーを追加し、地上クリアランスをミニマム化。ダイハツ・ミラウォークスルーバン デザインセンスのかけらもない実用一辺倒なサイドミラーは輸出用のジムニー用をブラックアウトして装着。アームも切断や溶接してワンオフ製作するなど、雰囲気を損なわず、ひと味加えるなどカスタムの見せ技を心得ている。

The post 軽カー史上もっとも背高ノッポなのに! あえて「シャコタン」「顔面整形」の「ミラウォークスルーバン」 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
軽カー史上もっとも背高ノッポなのに! あえて「シャコタン」「顔面整形」の「ミラウォークスルーバン」

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.