やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「10年落ち」こそ狙い目! まだまだ旬のお買い得「ちょい古」国産車4選

投稿日:

10年ひと昔! 今狙い目のちょい古「中古車」とは

 2021年の今年は2011年に起きた東日本大震災から10年の節目であり、2010年代初めに登場したモデルも10年落ちとなる時期である。ここでは2010年代前半のひと昔前に登場し、今はまだまだ使えるお買い得な中古車になっているモデルをジャンルごとにピックアップしてみた。

ミニバン部門:マツダ・プレマシー(3代目モデル、2010年登場)

 ほぼ5ナンバーサイズで、乗用車に近いキャラクターとスライドドアを持つミドルミニバンである3代目プレマシーは、2005年登場の2代目から正常進化したモデルだ。正常進化ということもあり、3代目は3列目があまり広くない点も2代目と同様だ。マツダ•プレマシーしかし、走りはシャープさを目指した2代目に対し、3代目は一見特徴がないようにも感じる落ち着きを備えている。時間を重ねるごとに奥深さを味合わせてくれる玄人好みなものに仕上がっていた。マツダ•プレマシー

 中古車は10万円以下からとなっており、車検期間1回の2年間使えば十分元が取れるリーズナブルなものとなっているのも嬉しい。

スポーツ部門:ホンダCR-Z(2010年登場)

 CR-Zは2代目フィットファミリーのプラットホームを使った、ハイブリッド専用となるカジュアルな2ドア車で、この時代少なかったスポーツモデルの1台だ。ホンダCR-Z CR-Zのハイブリッドシステムは小型モーターをおもにアシストに使うホンダIMAだったこともあり、スポーツモデルとしては速いクルマではなかった。だが、走りはMTも設定し、適度な動力性能による爽快感と全体的に質の高いものを備えていた点は評価できた。ホンダCR-Z

 中古車はCVT、MTともに30万円からとスポーツモデルとしては安くいが、なるべくバッテリーの状態がいいものを選びたい。また、このころに出たスポーツモデルには2012年登場のトヨタ86&スバルBRZもあり、フルモデルチェンジで中古車価格が下がれば注目すべき存在になるだろう。ホンダCR-Z

The post 「10年落ち」こそ狙い目! まだまだ旬のお買い得「ちょい古」国産車4選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
「10年落ち」こそ狙い目! まだまだ旬のお買い得「ちょい古」国産車4選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.