やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

ノーマルだとドリフトできなかった? クルマ好き永遠のアイドル「AE86」が今なお人気の理由とは

投稿日:

レビン/トレノはTE27型から歴史が始まった

 1983年に登場したAE86。モデルとしてはカローラシリーズとしての「レビン」と、スプリンターシリーズ「トレノ」の2タイプがラインアップされていた。多くの人にとってAE86が「レビン」「トレノ」の出発点と思っているかもしれないが、実際はそうではない。

高級路線から原点回帰を図ったのがAE86

 初めて「レビン/トレノ」を名乗ったのは1973年、当時2代目となるカローラ/スプリンターをベースにTE27型としてオーバーフェンダーを装着した「レビン/トレノ」が送り出されたのが始まりだ。その使命はサーキットレースや国際ラリーで活躍することで、実際にTE27型「レビン/トレノ」は国内外で大活躍したのだ。

TE27型レビン

 その事実を眼の当たりにしたわれわれ昭和世代には、その後を継いだTE71型が大きく、高級路線に転じてしまったため、興ざめしていたのだ。そのネガティブな印象を払拭すべく投入されたのがAE86型。FRレイアウトのスポーツカーである事以上に、1.6L4バルブDOHCの4A-GEU型エンジンのポテンシャルの高さが注目されていた。

4A-Gエンジン 当時「CARトップ」誌の編集部員だった僕は、その新型レビン/トレノの箱根試乗会に胸を踊らせて参加したものだ。当時箱根ハイランドホテルを基点に、芦ノ湖スカイラインなどを走りまわった。しかし、そのハンドリングはアンダーステアで、幾ら振りまわしてもリヤがスライドしなかった。

走行するAE86トレノ

 トヨタはFRスポーツを発売するにあたり、オーバーステアによる事故を懸念しアンダーステアのセッティングを施していたのだ。柔らかいサスペンション設定はコーナーで後輪内輪を浮き上がらせ、LSD(リミテッドスリップデフ)を持たない内輪はむなしく空転するばかりだった。

 しかし、そこはFR。サスペンションを少し固め、LSDさえ装備させれば、ドリフトマシンに変身させることができた。

The post ノーマルだとドリフトできなかった? クルマ好き永遠のアイドル「AE86」が今なお人気の理由とは first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
ノーマルだとドリフトできなかった? クルマ好き永遠のアイドル「AE86」が今なお人気の理由とは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.